英語独学虎の穴  より速く、より英語らしく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リズムとスピード(後編)

あしたのためにその49 「こりずにカタカナで・・・

It is impossible for me to explain from the beginning.

この例文のもう一つの特徴は、拍を作る内容語 「impossible」 の前にすでに 「It is」 という音が存在するということです。

.25 2007 より速く、より英語らしく comment2 trackback0

リズムとスピード(中編)

あしたのためにその48 「犠牲になるのはいつも機能語たちだ

下の二つの例文を、ネイティブスピーカーはほぼ同じスピードで読むというお話を昨日しました。

Tom played tennis.

It is impossible for me to explain from the beginning.

.23 2007 より速く、より英語らしく comment2 trackback0

リズムとスピード(前編)

あしたのためにその47 「内容語の大切な役割

ストレスの位置を意識しながら発音の練習をしっかりやれば、単語レベルでの発音は正確にできるようになるはずです。そして内容語を強くはっきり発音することも、「高低ではなく強弱」という意識に慣れればそれほど難しくないはずです。はっきり読んでいい上に、強調するために強く発音するというのは頭で理解しやすいですものね。

.22 2007 より速く、より英語らしく comment3 trackback0

弱く、素早く、あいまいに

あしたのためにその46 「緩急自在(後編)

内容語につづきまして機能語です。機能語は、弱く素早く発音します。極端に言うと、たっぷり発音した内容語の勢いでついでに、どさくさに紛れて言ってしまうイメージです。

.20 2007 より速く、より英語らしく comment3 trackback0

強く、長めに、はっきりと

あしたのためにその45 「緩急自在(前編)

では具体的にどう読めばいいのか。実際に例を使ってみてみましょう。

It is impossible for me to explain from the beginning.

まずは機能語内容語に分けましょう。下線を引いたものが内容語ですよね。

.19 2007 より速く、より英語らしく comment2 trackback1
 HOME 

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索