英語独学虎の穴  リピーティングの効果?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リピーティングの効果?

あしたのためのその94 「シンクロ読み VS リピーティング

今日はシャドウイングと並んで人気の高いリピーティングについてお話したいと思います。

リピーティングとは一定の長さの英語音声を聞いて、聞き終わってからその英語音声を再現する訓練法です。文の構造を意識しながら再現することで、リスニングのみならず、スピーキングの練習にもなると言われています。

やはり他のトレーニングと同様、発音・スピード・リズム・イントネーションを手本の英語音声に忠実に再現するように心がけます。いきなり長い文を再現するのは難しいでしょうから、短い文で練習しましょう。長い文の場合には途中で区切って構いません。

この練習をするためには、面倒でもあらかじめ適当な位置(短い文なら文が終わるまで、長すぎる場合は意味が区切れるところ)に間を作って録音し直したものを用意たほうがいいと思います。

自分でいちいちポーズボタンを使って止めながらやってもいいのですが、覚えることに集中しながら、同時にCDをどこで止めるかも意識しないといけないというのは、非常に面倒くさいです。次のフレーズが聞こえるところまで行き過ぎてしまったら、自分が覚えた位置までまた戻らなきゃいけない、これによって流れが何度も中断されてしまいます。

リピーティングは英語音声を聞き終わってから再現するというプロセスをとります。シャドウイングよりももっと先に手本が消えてしまうわけです。ですからすでに消えてしまった音声を再現するためには、完全に自分の記憶力が頼りになるのです。

発音はどうなっていたのか、リズムは、イントネーションはなど、ここまで見てきたように真似すべき要素はたくさんあります。手本と一緒に読むシンクロ読みでさえ、細かく真似しようとすると色んな部分でずれがでて難しいですよね。それをすでに消えてしまったものでやるというのは至難の業(わざ)です。

実は僕はこのトレーニングに関して語る資格がありません。何度か挑戦しましたが、お恥ずかしい話、結局挫折したんです。実際の効果を実感するまでには至りませんでした。記憶力による部分が大きいのでトレーニングの負荷の大きさも半端ではありません。

またいちいちCDを止めるのが面倒くさかったということも続かなかった原因です。自分であらかじめポーズを入れた音声教材を作るのも手間でした。教材を作っている時間は英語の勉強ではなく、純粋な作業となってしまいます。そんな暇があったら音読の回数増やしたほうがいいかなって。

明日に続きます。

おかげさまで昨日よりも一つずつ順位が上がって、各ランキングサイトで左から順に4位・1位・2位、そしてFC2でも2位と、現役時代の落合でもなしえなかった英語ブログランキング4冠が射程圏に入ってきました。これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記





.30 2007 猛虎十番勝負 comment7 trackback0

comment

まゆみ
英語はよく勉強しました。

ここで取り上げられているリピーティング

という方法です。次の文章、会話が始まる

まである程度の間はあったんですが、最初

はなかな追いつけなくて、ポーズボタンを

押したものです。

日常使わないと忘れていきますね。
2007.03.30 15:25
かいちゃん
すみません、私はこういった学習教材に疎いので教えて下さい。

皆さんが勉強されるときに使うレコーダーはCDプレーヤーですか?それはカセットテープと同じで、任意に止めることができて、好きなところまで巻き戻しもできるものなのですか?

また聞くときは、ヘッドフォンをつけるのですか?
2007.03.31 02:52
Mojo
私は未だにカセットテープ愛用者です。面倒なときはCDのままですが、気合を入れたいときは、CDからカセットテープにダビングして使ってます。
...って、横からすみませんf(^^;

根が怠け者なので、リピーティングは、本音を言うとやりたくないことですが、シャドウイングよりは好きです。文脈や内容がしっかり頭に入らないと覚えにくいですから、その分集中して聞きますし、音にも敏感になりますよね。

しかし、頻繁に行う気力も時間的余裕も、なかなか無いんですよね...。
2007.03.31 12:48
英語の虎
まゆみさま、コメントありがとうございます。

使う機会がないと確かに忘れてしまうことは多いですよね。単語など覚えたそばから忘れてしまうものも多いです。

ただ、発音やリズム、イントネーションなどは、一度きっちり習得すればしばらく時間を置いてもすぐに体が思い出すようになります。自転車の運転と一緒ですね。そうやって考えなくてもできるところまで持っていくのが大切なんだと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.03.31 13:06
英語の虎
かいちゃんさま、コメントありがとうございます。

僕が使っていたCDプレーヤーは、巻き戻しボタンを押しっぱなしにすると、押していた時間に応じて巻き戻るものでした。CDウォークマンでも同様にできましたし、友人のものでもできましたので、標準機能だと思っておりました。一度お試しください。ボタンを押しっぱなしにするというのがポイントです。

また、Mojoさまも言ってくださっていますが、カセットにダビングしてしまうのも手だと思います。何度も止めたり巻き戻しするにはアナログのもののほうが使いやすいです。

音はヘッドフォンを使っても使わなくてもどちらでもいいと思います。僕の場合、最初は聞き取りやすいのでヘッドフォンを使っていましたが、考えたら実際に英語を使う場合は雑音も入るはずだと思い、ヘッドフォンなしでやるようになりました。

ご参考にしていただけると幸いです。
2007.03.31 13:22
英語の虎
Mojoさま、コメントありがとうございます。

リピーティングがシャドウイングよりもお好きだなんて!きっと記憶力がいいんでしょうね。

僕は覚えるのがだめなんです。ほんとに。リピーティングちゃんとやれば記憶力も鍛えられるんでしょうけど。「聞こえていないんじゃない、覚えていられないだけだ!」っていう反発があって続けられませんでした。情けない話です。

2007.03.31 13:46
かいちゃん
英語の虎さん、Mojoさん

アドバイス、ありがとうございます。
当方は古い人間なので、娘のように電子機器を使うのが苦手です。安心してカセットテープを使って「気合を入れて」やってみます。
2007.03.31 20:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/94-42bb0b13

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索