英語独学虎の穴  シャドウイングの弱点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

シャドウイングの弱点

あしたのためのその92 「シンクロ読み VS シャドウイング 2

人気ブログランキングで更新時なんと5位に入っていました!これも皆様の応援のおかげです。もっともっと多くの方にシンクロ読みを知って頂けるよう頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

人気blogランキングへ

さて前回、ちまたで一番人気のシャドウイングについて、リズムやイントネーションを身につけられるか疑問だと書きました。

シャドウイングの場合、英語音声のすぐ後ろをついていくわけですが、自分が発音する時には耳には残っていても実際には音は消えているので、よっぽど厳しい採点基準をもっていないと、ただスピードについていけるだけで満足してしまいがちです。

つまりスピードについていくことがメインになってしまって他の要素(リズム・イントネーションなど)の採点が甘くなってしまうのです。特に遅れないように早口になって帳尻合わせたりすることでリズムが狂いやすいです。少なくとも僕の場合はそうでした。

そして、基本的にスクリプトなしでやるトレーニングですので、そのように微妙に失敗している箇所があるにも関わらず、一つの文章をシャドウイングし終わる頃には、どこで失敗していたのかを忘れていることもしばしばありました。全体的におさまったからいいかなって。

ここがシンクロ読みとの最大の違いではないでしょうか。シンクロ読みの場合は、手本と同時に読みますので、少しでもずれるとすぐにわかります。厳しい審判員が隣をずっと一緒に走っているようなもので、採点をごまかしようがないのです。読みながら印をつけることで苦手な部分も明白になります。

ですから特にそこまで厳しい採点基準と、細かい音の違いを聞き分ける耳を持っていない中級者ぐらいまでは、リズムやスピード、イントネーション、発音を正確に身につけたいのであれば、シンクロ読みのほうが適していると思います。

またシャドウイングはとても集中力を必要とするトレーニングだと言われますが、僕はそう思いません。例えば日本語の音声聞きながら、それをシャドウイングするのって難しくないですよね。実際にテレビの音声についてやってみてください。

くれぐれも友達の声でやらぬよう。いらいらされるだけです。やってみるとわかりますが、ほとんど集中力要りませんよね。頭をまったく使わずとも、口だけでついていけるでしょ。

発音さえきちんと身についていれば、慣れてくると英語音声でも同じ状況になります。耳から入ってきたものを機械的に口から出せるようになるのです。僕は試しに、3時間のドライブ中ずーっとシャドウイングすることに挑戦しました(気持ち悪いでしょ)が、見事完走しました。さすがにその後、声出すのいやになってしばらく黙ってましたけど。

集中していなくても機械的にできてしまうのです(もちろん厳密に言うとこういう集中しないやり方はシャドウイングではないのでしょうが)。シンクロ読みではこうは行きません。30分もやるとふらふらになります。そういう意味では集中力を養うという目的でもシンクロ読みのほうがまさっていると思います。

なるほどぉ、今まで最強だと思ってたシャドウイングも万能じゃないってわけか。じゃあシンクロ読みもやってみるかなと思われた方はクリックをお願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記




.27 2007 猛虎十番勝負 comment4 trackback0

comment

かいちゃん
お早うございます。

今朝、英語ブログランキングを見たら、英語の虎さんのブログは第2位でした。

英語ブログの女王「リウマチばあちゃん」に迫る勢いですね。がんばって下さい!
2007.03.28 06:44
Char
こんにちは。
先日はアドバイスをどうもありがとうございました。900点突破リスニングを入手してこれから取り組むところです。

シャドウイングについて同じような疑問を持っていたので、私の場合、自分のシャドウイングを録音してチェックしていました。ただ、結構時間がかかってしまい手間です。シンクロ読みならその場で間違いがわかりますから効率的ですね。
2007.03.28 14:15
英語の虎
かいちゃんさま、コメントありがとうございます。

今日の記事の更新時にはなんと一位になっていました。しかし勢いで一位に躍り出てしまった僕と、ずっとあの位置をキープしていらっしゃるリウマチさんとの間には依然として大きな差があることはわかっております。

ただ、こうして支持してくださっている方のためにも、自分ができる精一杯のことをこのブログで伝えていきたい思っていますので、どうぞこれからも応援ください。
2007.03.28 22:50
英語の虎
Charさま、お久しぶりです。

さっそく教材買われたんですね。実際のTOEICの問題よりもかなり負荷は高いですが、しっかりこなされたらそのぶんリターンも大きいと思います。

シャドウイングに対しては不満を聞いたことがなかったので、同じように思っていらっしゃった方がいたと知って安心しました。シンクロで足りない部分をシャドウイングで補うというスタンスで十分であると個人的には思います。

また質問があればなんでも聞いてくださいね。

2007.03.28 22:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/92-99c0f39c

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索