英語独学虎の穴  英語の虎の穴入門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英語の虎の穴入門

あしたのためにその9 「英語の虎となるために

誰でも一度自転車に乗れるようになると、たとえ何年間か自転車に乗っていなくてもしばらく乗るとすぐに体がコツを思い出して、昔のように乗れるようになれますよね。

また、中学や高校のときに部活でやってたスポーツって皆ある程度うまく出来ますよね。少なくとも大人になってから始めた人がそのレベルまで行くのはかなり稀(まれ)です。

もちろんいきなり自転車に乗れるわけではなく、最初は転んで、すりむいて泣いて痛いのを我慢しながらも、ひたすら同じ動作を繰り返すうちに徐々にコツを見つけて、乗れるようになったはずです。痛いからってやめてしまっては一生乗れるようにはなれません

部活にしたって、例えばテニス部に入ってもいきなりボール打たしてもらえることはまずないでしょう。最初は球拾いをやりながら先輩のフォームを目で見て覚えて、素振りして、走って、筋トレしてっていうような地道なことをひたすらやらされるはずです。

大人になると利口になってしまい、そうやって痛かったり苦しいのを我慢して何かを学ぶってことをしなくなるんですよね。例えばあなたがテニススクールに入っていきなり走りこみと球拾いをやらされたら「冗談じゃないわよ!」って辞めてしまうでしょう。でも実は結局そこで差が出るんです。

さぁもう覚悟を決めましょう。3ヶ月の下積みに耐えようと地味な素振りを続けようと。もう「聞き流すだけで」「簡単に」「いつのまにか」といった見栄えの良い宣伝文句に踊らされてはいけません。週に一、二度英会話スクールに通っていても挨拶のバリエーションばかり増えるだけで、本当の意味での英語力はつきません。ちまたに溢れる英語教材だってそうです。そんな魔法はないんです

僕だってこんな説教臭いことほっといていきなり勉強法の説明に入りたかった。これだけやれば、苦労しなくてもみるみるうちに英語力が身につきますって。だけどそんなの嘘ですもん。日本で英語の勉強するの実際大変ですもん。大きなお世話ですけど人が英語で挫折するのもう見たくないんです。

3ヶ月間下積みに耐えることはわかった、じゃぁ何をすればいいのかと言うあなた。お待たせいたしました。いよいよ次回から3ヶ月間どのように勉強してTOEIC920点を取ったのか、その説明に入ります。前置きが長すぎるって?焦っちゃいけません。英語の道はもっともっと長いんです。

最後に一言、これだけ言わせてください。
虎だ!虎だ!お前は英語の虎になるのだ!

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへみんなの英会話奮闘記
.02 2006 今度こそ英語をものにするために comment8 trackback0

comment

Felice
のんびり、ダラダラと英語をやっていて耳が痛い話でした。

ちょっと、スパートかけようかな。

なんだか、そう思わされました。
2006.12.02 23:15
リウマチばあちゃん
こんばんは。
早速おじゃましました。
英語をがっちりものにするコツ、楽しみに読ませていただきます。
お礼に、クリックをしました。
またおじゃまします。
2006.12.03 01:21
TOEIC最強の学習法 森泉 晃
確かに英語を身につけるためには大変な努力が必要ですが、「努力」「根性」といった精神論を前面に出すと、皆さんひいてしまいますよね。

それよりも「楽して」「簡単」みたいなイメージを与えておいたほうが食いつきはいいですからね。

今後の展開を楽しみにしています。

あと、勝手に私のサイトのアクセスランキングの方にも登録させていただきましたので、お時間があるときにでも確認してください。

応援クリック、ポチ!

2006.12.03 05:28
かいちゃん
はじめまして。リウマチばあちゃんさんのブログから飛んできました。

とっても元気のでるブログですね!

「星飛馬」世代の私は根性物が大好きです。「タイガーマスク」や「あしたのジョー」もよく読んでいました。これってみんな梶原一騎の原作ですよね。ひょっとして私と同年代でしょうか?

当方のブログでも、「英語のパワーをつけろ!」で、「空手バカ一代」を紹介しています。もしお時間がありましたら覗いて下さい。

これからもブログを楽しみに拝見させていただきます。よろしくお願いいたします。
ポチッ!
2006.12.03 07:25
きょうか
こんにちは。私のブログにトラバを送っていただき、リンクまでしていただいて本当にありがとうございます。

私もリンクさせていただきましたが宜しかったでしょうか?

英語をある程度のレベル(英検1級、TOEIC900以上)にするためには一時期狂ったように勉強する時期が必要ですよね。
でもそれを一生する必要はないですし、する必要もないですよね(第一私にはムリですし笑)

これからもブログ楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。
2006.12.03 12:53
英語の虎
コメントありがとうございます。

Feliceさん
耳が痛い・・・恐縮です。
でもどこかの時点で本気でやらなくてはいけないんです。
Feliceさんはそれだけ長く続けてるっていう点で十分凄いと思います。
このブログがスパートのきっかけになればそれはとても嬉しい話です。

リウマチばあちゃんさん
早速遊びにきていただいて嬉しいです。
まだまだ若輩者ですが、日本で英語を勉強している方のお役に立てるよう頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

森泉さん
また訪れていただいてありがとうございます。
確かにそうなんですよね。
みんな精神面に触れると引いちゃうんですよね。
でもやっぱりそこが一番大切だと思うので、そのタブーにあえて最初に触れました。
アクセスランキングの件、了解いたしました。
これからもよろしくお願いいたします。

かいちゃんさん
コメントありがとうございます。
「空手バカ一代」とは、間違いなく同世代ですね。
マス大山は山にこもって修行する際、片方の眉毛をそり落として逃げそうになる自分を律したそうですが、それに比べれば僕がやった努力なんて知れたものです。
「英語のパワーをつけろ!」にも遊びにいかせて頂きます。これからもよろしくお願いします。

きょうかさん
リンクして頂いてありがとうございます。
日本で英語を上達させた方はみなどこかの時点で本気でやってますよね。
そこが挫折と成功を分けるポイントだと思うのでしつこいぐらい強調しました。
これからも応援していただけると嬉しいです。
2006.12.03 18:16
 Monsier
こんばんは。

こちらを参考に、本腰入れてTOEICに挑んでみようと思います。

リンクをはらせていただきました・・

2006.12.03 23:22
英語の虎
Monsierさん
遊びにきていただいてありがとうございます。
少しでも参考になることがあると幸いです。
こちらからもリンクを張らせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

2006.12.04 00:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/9-9615d8e0

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索