英語独学虎の穴  シンクロ読み その7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

シンクロ読み その7

あしたのためのその84 「夜明け間近

このように段階的にポイントを設けてに真似するのですが、実際に読む前に真似しようとするポイントに集中して聞くとより効果的です。例えば息継ぎを真似するのであれば、まず息継ぎに神経を集中させて聞いて、実際に息継ぎをしている位置を見つけてそこにマークしておきます。そうすれば自分で読むときもわかりやすいですよね。

音読に必要な各要素がシンクロできるようになってきたら、全部を総合して真似します。

車の運転と一緒で、最初はいくつものことを頭に入れて、一つ一つの動作をチェックしながらやるわけですが、慣れてくると意識せずともできるようになります。そのように自動的に体(口)が動く状態を目指すのです。そのためには反復しかありません。

以上がシンクロ読みのプロセスとなります。本来は「英語の音声をそのまま真似する」で済んでしまう話ですが、それだと伝わりませんよね。ですのでここまで詳しくみてきました。「こんなところまで気にするのか」という部分もあったはずです。

実際にやってみるとわかりますが、本当に全てをシンクロさせるのは至難の業です。スピードを意識すると発音が、発音を意識しすぎるとイントネーションが実際の音声とずれたりしてストレスが溜まることでしょう。

せっかく順調に読んでいても最後でひっかかって「ムキーッ」と叫びたくなるときもあるでしょう。僕はそんなとき叫ぶ代わりに腕立て伏せをすることで気分転換を図ったりしました。みなさんも自分なりの「ムキーッ」対策の方法を考えることをお勧めします。それぐらい集中力を必要とするトレーニングです。

また、ここまでこのブログをお読みになっている方はおわかりと思いますが、シンクロ読みをするまでに個々の音の発音ができるようになっておくことは不可欠です。そうでなければ誰にも伝わらない英語が身についてしまう恐れがあります。

やっとシンクロできるようになったというあなた。お疲れ様でした。ここまで来るまでには大変な苦労があったはずです。どうぞ満足感にひたりながらつかの間の休息をおとりください。

ですがまだこれで終わりではありません。

シンクロができるようになったら次の段階に進むのです。シンクロのその向こう側へ

格好つけてないで早く教えろという方はクリックをお願いいたします。
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記



.14 2007 究極の音読を目指して comment2 trackback0

comment

かいちゃん
おはようございます。

一週間サボっていたら、またまたかなり進んじゃいましたね。日曜日にまとめて勉強します。

取り急ぎ毎日のクリックだけしにきました。
2007.03.15 07:28
英語の虎
かいちゃんさま、お忙しいにも関わらずいつも応援いただきましてありがとうございます。本当に勇気づけられています。

もうすぐシンクロ読みの章も終わります。学習者が練習の際、どこでひっかかるのかということに注目して、かなり詳しく説明しているつもりです。

参考にしていただける部分があるといいのですが・・・

これからもよろしくお願いいたします。
2007.03.15 07:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/84-83ce6e89

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索