英語独学虎の穴  シンクロ読み その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

シンクロ読み その3

あしたのためのその80 「運動不足の店主

前回からの続きです。

ですから見本の英語音声のWPMを測ってみて(実際に測ってみてください)、例えば170ぐらいだったとしましょう。アップでは190で読んでるのだから楽勝だと思うのは大間違いです。

ネイティブスピーカーのWPM170は、あくまでもそうやってゆっくりたっぷり読む部分を含んで、かつ全体ではそのスピードになっているのです。やってみるとわかりますが、全ての単語を速く読んで記録した190よりも遥かに難しいはずです。

手本を注意深く聞いて、強くはっきり発音される単語と、弱くあいまいに発音される単語をしっかり区別して読んでみてください。時間をかけてしっかり発音している単語は、やはり同じように読まなくてはなりません。これまでに何度もお話している機能語内容語の区別が基準となりますが、ここも手本に忠実に読んでください。

そのように時間をかけて発音する単語を作ると、特に機能語の部分で、まったく手本についていけない箇所もでてくるのではないですか?ここに至って子音と母音を連結させたり、「 t 」を「 d 」と発音することでいかにタイムを短縮することができるか思い知ることになるはずです。

ここまで音の科学変化について詳しく見てきたのはこのためです。つづり通りに発音していない、あるいはどうしてもスピードについていけないという部分がありましたら、このブログの以前の記事を参考にしてみてください。「虎の野郎、やけにしつこいと思ったらこういうわけだったのか」と思っていただけるはずです。

参照しやすいように3月3日の記事「あしたのためにその76」に音の化学変化のインデックスを作ってあります。

結局強弱を真似ることは、そのまま音の変化を真似ることにつながるわけです。以前もお話したように、英語では内容語の間をなるべく等間隔で発音しようとしますから、機能語が続く部分では速く読めるようにがんがん変化するのです。

もともと口の筋力が足りない上に、これらの変化を知らないで音読をネイティブに合わせるのは不可能です。毎日鍛えていて抜け道にも精通した食い逃げ犯を、その町に不慣れな運動不足の店主が追いかけるようなもので、絶対に追いつけません。店主が町に不慣れって・・・

そんな食い逃げ犯が毎日やってきたら店はつぶれますよね。追いつくためには何が必要ですか?毎日トレーニングしてスピードとスタミナを養い、さらに近道を覚えなければなりません(その前に普通は通報します)。

次回に続きます。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。毎日読んでくださっているかたも、応援の意味で一日一回クリックしていただけますと、次ももっとがんばろうという励みになります。 
    ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

.09 2007 究極の音読を目指して comment2 trackback1

comment

かいちゃん
おはようございます。

ユーモアを交えながらも、シンクロの極意が本当によくわかりました。今日はちょっと家のやぼ用があって、教材を買ってこれませんが、来週中にシンクロ音読をやってみようと思います。

もちろん、もう一度英語の虎さんの過去ログを読みなおして、「近道」を確認してから、音読をしてみます。
2007.03.11 08:18
英語の虎
いつもコメントいただきましてありがとうございます。

ブログにも書きましたが、変化についてはそれが起こる条件、そしてどう変化するかを理解したら、実際の変化を真似して繰り返し発音することで体得してください。最初のうちはどうしてもつづりに引きづられてしまうと思いますので、むしろつづりを見ないで純粋に音だけ真似するといいと思います。
2007.03.11 17:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/80-65fc9a70
育児や子育ての悩み解決。育児・子育ての支援情報公開

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索