英語独学虎の穴  シンクロ読み その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

シンクロ読み その2

あしたのためのその79 「第二段階

昨日はシンクロ読みの手順の第一段階として、スクリプトを見ながらWPMで190を越えるようになるまで早口で読むというところまでお話しました。

WPMは音読のたびに測る必要はありません。とても面倒ですし、いちいち計算のために中断すると集中力も途絶えてしまいます。ある程度スムーズに読めるようになったなと思った時点で測ってください。

このブログは色んなレベルの方が読んでいるはずですので、190はとても無理だという方から、それぐらいは楽勝という方までさまざまでしょう。その場合も自分のベストWPMを把握して、それを越えることを目標としてください。

このアップをせずに最初から全てを真似しようと思ったら、必ずくじけてしまいます。まずはスピードで苦労しないところまで持っていってから、つまりある程度余裕が持てるようになってから他の要素を細かくシンクロさせていくわけです。

スピードがついてきたら、ヘッドフォンなどで実際に音声を聞きながら、自分の音読を手本に合わせていきます。少し英語音声のボリュームを小さめにして読むと、手本との違いがはっきりします。

まずは強弱を真似します。実際の英語では強くたっぷり発音されるものと、弱く素早く発音されるものが存在しますので、しっかり聞き取ってまねしてください。

英語独特のリズムを作り出す強弱の大切さについては、このブログでも時間をかけて説明してきました。左のカテゴリー内「より速く、より英語らしく」に入っていますのでまだの方はぜひお読みください。

アップの段階では全ての単語を素早く読んできているはずですが、英語ではしっかり時間をかけて発音する単語があります。第一段階でWPM190を越えなくてはならないのはこのためです。全部速く読んだ状態で190ぐらい越えていなくては、とても太刀打ちできません。

特に内容語をたっぷり時間をかけて発音しますから、そのしわ寄せが機能語が続く部分に来ることになります。つまりその部分は、最初の段階で口慣らしをしたときよりもさらに速く読まなくてはならなくなるのです。

次回に続きます。

このブログは皆様の応援に支えられています。明日もよりよい記事を書くためにも、ぜひ応援のクリックをお願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記

.07 2007 究極の音読を目指して comment4 trackback0

comment

かいちゃん
いきなり音声を聞いて「真似しろ!」というやり方ではなく、まず最初に190pwmのスピードで読めるようにしてから、それから初めて英語の音声を聞いてシンクロさせる。ひじょ~によくわかりました!これならば、最初にくじけることはなさそうですね。

私の場合は、AFNなどのニュースはある程度聞き取れます(7~8割くらい)が、映画の英語はほとんど字幕にたよってしまいます。この場合の教材は聞き取れない映画の台本にした方が良いでしょうか?
2007.03.08 06:53
ナレコム運営事務局
はじめまして、おけいこ&スクールの総合コミュニティサイトナレコムの運営事務局です。
「学びやおけいこ」関連ブログランキングを開催いたしました。 是非、ランキングサイトにご参加をお願いできないでしょうか?
登録画面:http://blog.knowledgecommunication.jp/register_ranking.php

登録いただければナレコムの持つオープンなSNS機能によりブログ読者様との新しい形でのコミュニケーションのお手伝いができると考えています。ご検討、よろしくお願いいたします。
2007.03.08 15:29
英語の虎
かいちゃんさまコメントありがとうございます。

そうなんですよね。最初から全部あわせようと思うから壁が高くなりすぎてしまうんですよね。あらかじめ口を速く動かせるようにしておくことでその壁をこえる下地を作るわけです。

AFNで8割程度聞き取れるのであれば、映画を教材にしてもまったく問題ないはずですが、AFNを一本こなして、機能語群の発音の変化に慣れておくともっとスムーズに進むように思います。

これからもっと詳しく説明していきますので、どうぞご期待ください。
2007.03.09 00:18
かいちゃん
アドバイスありがとうございます。

わたしも一度聞き取りやすいニュースの英語で、きちんと内容語と機能語のリズムと強弱を再確認するべきかなと思っていました。今度の日曜日に本屋へ教材探しに行ってきます。
2007.03.09 07:20

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/79-86408754

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索