英語独学虎の穴  究極の音読法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

究極の音読法

あしたのためのその77 「シンクロナイズドリーディング

最初にお話したように、僕は大学卒業後10年以上のブランクを経て英語の勉強を再開しました。そして3ヶ月の勉強の後、初めて受けたTOEICでリスニングセクション495点中485点取ることが出来ました。

もちろんTOEICで英語力を全て正確に測れるとも思いませんが、留学経験も仕事で英語を使ったこともありませんでしたので、完全にゼロの状態から極めて短かい期間でリスニング力を大幅に向上させることができたのは事実です。

その3ヶ月間色々試した方法(のちに触れるシャドウイングリピーティングも含めます)の中で最も大きな効果をもたらしたのが音読でした。

ただ、音読と言っても単に英文を声に出して読んだのではありません。ネイティブスピーカーの音声を聞きながら、スピードと発音はもちろん、ここまでに紹介した音の化学変化・イントネーションに到るまで、できれば声質まで細かく真似しようと努めたのです。音読の究極の形だと言えるでしょう。

最初からこのブログを読んでくださっている方は覚えていらっしゃると思いますが、もともと「自分で発音できないものは聞き取れない」ということは、逆に言えば「自分で発音できれば聞き取れる」はずなのだから、「ネイティブスピーカーが発音するように発音する」練習を積めば、リスニングを向上させられるのではないか、という仮説のもとに僕は英語の勉強を開始しました。

様々な方法を試した結果、「ネイティブスピーカーが発音するように発音する」という目標に近づくには、この音読で練習を積むのが一番の早道だという結論に至ったわけです。

僕はこれを「シンクロ読み」と呼んでいました。僕の英語学習の核となるトレーニングです。シンクロの選手が、パートナーと全く同時に全く同じ動作をするように、自分の声と英語の音声を同調させるのです。

オーバーラッピングという言葉もありますが、CDの音声に自分の声をかぶせるのではなく、ここまでにお話した音読に必要な全ての要素に集中し、神経を細かく配って手本と同じスピードで、同じように読めるようにするのがこの訓練法の目的であるため、やはり「シンクロ」という言葉のほうがイメージが伝わると思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。次回はシンクロ読みの具体的なやり方についてです。続きが読みたいぞという方はぜひ応援のクリックをお願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.05 2007 究極の音読を目指して comment3 trackback1

comment

相互リンクありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
2007.03.05 18:39
Mojo
今やっと、2月の真ん中くらいまで読み終えまして、ちょっと休憩...とこちらの記事に飛びました(;^_^A

> 自分で発音できないものは聞き取れない
> 自分で発音できれば聞き取れる

全くその通りだと思います。
また、北米・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなどなど...の英語圏によって発音というのは多少異なるわけですが、とにかくネイティブの音を、細部にわたって注意を払い、きちんと再現できるようになれば、異なるアクセントであっても随分と聞けるようになるものだと思います。

「シンクロ読み」って、素晴らしいネーミングですね。ただ口を使って読むのではなく、細かい部分にも神経を使って音読する感じが伝わってきますね♪

2007.03.06 12:40
英語の虎
コメントありがとうございます。

竜さん

こちらこそよろしくお願いします。

竜さんの英語学習の参考になる部分もあると思いますので、これから勉強も大変になると思いますが時々遊びにきてください。

がんばってくださいね。


Mojoさま

前の記事を読んでくださっているんですね。ありがとうございます。かなりのボリュームになってしまいましたので、読むのも大変だろうと思います。

ネーミング素晴しいだなんて言っていただいて恐縮です。迷ったのですが、「シンクロ読み」という呼び方は自分の中で愛着があるのであえて出しました。

すでに英語が聞き取れる方にとっては退屈なものになると思いますが、英語を学習している方にとって有益な勉強法にこだわって伝えて参りますので、これからもよろしくお願いいたします。
2007.03.06 21:16

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/77-87f406b0
英語が話せるようになりたい!英検1級獲りたい!TOEIC900点獲りたい!海外に住みたい!と思う方必見のブログです。

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索