英語独学虎の穴  同じじゃなくても・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

同じじゃなくても・・・

あしたのためにその68 「消えるのね

さて昨日からの続きです。以下の違いがわかるでしょうか。

「 help eat 」 と 「 help Pete 」

「 may Karen 」 と 「 make Karen 」

「 way too long 」 と 「 wait too long 」


左右の組はそれぞれ似ていますが、右側には昨日お話した同じ子音が連続するものが並んでいます。全て破裂音の連続ですから、いずれのケースも左に比べて右は二番目の単語を発音する直前に一瞬の間ができるはずです。そのような違いが出るように読んでみてください。ここまではいいですよね。

それでは以下の文を発音してみてください。

I've been late twice.

「late twice 」の部分は子音「 t 」が連続しています。これまで見てきたように「 t 」は破裂音ですので、一瞬間ができて「レイ・トゥワイス」のように発音されますよね。しかし「I've been」の部分もやはり言いにくいと感じませんか?

それは「 v 」と次の「 b 」はどちらも唇を使って発音する子音だからです。「 t 」の連続と違って全く同じ音が続くわけではありませんが、似た部分を使って発音する音ですから、「 v 」を発音してから口を元に戻してからわざわざ「 b 」を発音するのはやはり手間がかかるわけです。

このように似たような部分を使って発音される子音が続いた場合も、前の子音は出す準備だけして発音されないことがあるのです。

ですから速く発音する場合、「 v 」は準備だけして実際には発音せずに(完全に消えるわけではありません)次の破裂音「 b 」を発音するため、「 v 」はほとんど聞こえずに「アイ・ベン」と発音しているように聞こえるというわけです。

*読み直して思ったのですが「実際には発音せずに」というのは不正確ですね。

まず「 v 」を発音するために前歯を下唇の内側につけますよね。次の音が破裂音「 b 」ですから、「 v 」のあと口を元に戻すより、そのまま閉じてしまったほうが効率がいいわけです。このために「 v 」ほとんど聞こえない、このように理解してください。実際に口語用の発音記号を見てもちゃんと「 v 」はついています。大変失礼いたしました。

次回に続きます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。ランキングに参加しています。応援していただけると励みになるのですが・・・
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記


.19 2007 音の科学変化 comment3 trackback0

comment

かいちゃん
お早うございます。

繁忙期のため、しばらく英語の虎さんのぶろぐ学習を怠っていましたので、昨日より2月8日のブログから再度読み始めました。どのブログも目からウロコで、ひとつひとつのブログを理解して覚えていくのにとても時間がかかります。なるべく早くトップページに追いつけるようにがんばります!
2007.02.20 07:18
sui
はじめまして。
さきほどこのブログを見つけて一生懸命最初から読んでいます。
メッセージをどこに送ればいいのかわからなかったので、ここにコメントさせてください。
私は少々英語は出来るのですが、自信を持って出来ますとは言えません。
今年は、英語が出来ますと断言できるよう勉強しなおしているところですがなかなかうまくいかなくて悩んでました。
今、このブログを見つけ、もう一度頑張ろうと思い直しました。
ありがとうございます。
これからも見に来ますのでよろしくお願いします。
2007.02.20 21:42
英語の虎
コメントありがとうございます。

かいちゃんさま

お忙しい中、訪れてくださってありがとうございます。

いつもこのブログを見ながら勉強を進めていらっしゃる方を思い浮かべながら記事を書いています。学習者はどこで迷って、どう説明したらわかりやすいか。もちろんずっと応援をしていただいているかいちゃんさまのことはいつも念頭に置いております。

少しでも参考にしていただける部分があれば報われた気持ちがします。


suiさま

はじめまして。

このブログを最初から読んでくださっているとのこと、とても嬉しいです。

かなり長くなってしまっていますので、全部読むのは骨が折れると思いますが、英語を上達させるために必要だと思うことを詰め込んできたつもりです。

suiさまの英語学習のペースメーカーにでもなればいいのですが。

これからもよろしくお願いいたします。
2007.02.21 08:48

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/68-c68db7a0

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索