英語独学虎の穴  消えて連結

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

消えて連結

あしたのためにその64 「続h・th、お前もか

今日の記事は昨日の分からの続きなので、まだお読みでない方はぜひ昨日の記事を先にお読みください。それではまずは答え合わせから。

I told her.

It's his apple.

Turn them on.

昨日と同様のプロセスで考えると上の3つの例文はそれぞれ

I told her. →「 her 」の「 h 」が消えて「 er 」となり、直前の子音「 d 」と連結するため一語で「 tolder 」(トウルダー)。もちろん最後の「ー」は「 r 」の音です。

It's his apple. → まず「 his」の「 h 」が消えて「 is 」となり、直前の子音「 s 」と連結し一語で「 It'sis 」(イツィズ)となります。

さらに「 his 」の「 s 」と「 apple 」の「 a 」も連結しますから全体で「イツィザッポォ」のようになります。なお便宜上「イ」と表記していますが、「 i 」は「イ」と「エ」の中間の音です(しつこいですね)。

Turn them on. → 「 them 」の「 th 」が消えて「 em 」となり、直前の子音「 n 」と連結して「 Turnem 」(ターネム)、さらに「 them 」の「 m 」と直後の母音「 on 」も連結しますから全体で「ターネモン」のように発音されます(もちろん「 ー」は「シュワ」プラス「 r 」の音です)。

このように代名詞の「 h 」や「 th 」が消える場合、消失することそのものよりも、「消えることにより次の母音がむき出しになってしまい、前の子音と連結する」というこの現象が、音を聞いただけで元のつづりがどうなっているかを想像するのを極端に難しくするのです。

ただ連結するだけでさえ十分難しいのに、その前に消えるというプロセスまで足してくるわけです、やつらは。しかも悪気なしで。手ごわいですよね。

特に「 h 」「 th 」の音を使う代名詞「 he 」「 his 」「 him 」「 her 」「 them 」などが登場する場合は「 h 」・「 th 」が消失して前の子音と連結する(可能性がある)と頭に置いておいて下さい。

ただし、例えば「hospital」など内容語の先頭の「 h 」はしっかり発音され消失しませんし、上の代名詞も文の先頭にきた場合は(文中にあるときよりは)きちんと発音されます。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。案の定FC2で4位に落ちました(涙)。読んでくださる皆様の一票が僕を励ましてくれます。これからもよりよい記事を書くためにも応援お願いいたします!
     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記




.13 2007 音の科学変化 comment4 trackback0

comment

ポン太
英語の虎さま

ご無沙汰してます。
ポン太です。
ここんとこめっちゃ仕事忙しくて
コメントすら書けない状態です。
でも、記事は毎日楽しく拝見してます。
あ、勿論応援クリックも欠かしてません!

しかしここのとこの発音の話はほんと毎回
タメになりますね~!発音を文字で伝える
のって物凄く難しいと思うのに、英語虎さんの
記事はもろに伝わって来ます!凄い!!

私も仕事ばかりに流されず英語頑張ろう!
って気持ちにさせてくれます。
てわけでなかなかコメント残せませんが
毎日読ませて頂いておりますのでこれからも
頑張って下さい!さあ!今日も応援クリック
させて頂きますよ!ポチッ!と!!

2007.02.14 06:48
英語の虎
ポン太さま

コメントありがとうございます。

正直に申しますと、音声を伝えられないじれったさにくじけそうになっていました。カタカナを使うことでイメージを伝えられても、やはり実際の英語の音声とは違いますからね。

でもそう言っていただけると、がんばろうという気持ちが沸いてきます。せめてこの音の科学変化に一通り触れるまでは。同時に、他の手段で音声を伝える術も模索していくつもりです。

このブログが少しでもポン太さんの英語学習のお役に立てるとうれしいです。

お仕事お忙しいでしょうが、英語もがんばってくださいね。
2007.02.14 19:07
Mojo
はじめまして。
「英語を基礎から始めましょう!3分英会話」のMojoと申します。

英語の虎さんのお名前は存じ上げておりましたが、Fumikaさんのサイト「楽しく過ごそう英語と共に」のディクテイションに関する記事を拝見し、お伺いした次第です。

私は英語力自体はまだまだ低レベルですが、リスニングとスピーキングはまあまあ得意なほうだと思います。
(人様より得意という意味ではなく、それ以外のパートと比較して...です ^^;)
ただ、あくまで感覚的なものなんです。どういう法則でどうなる?なんてことは深く考えたことがありません。

ものすごく勉強になるサイトですね!まだ数記事しか拝読しておりませんが、またちょこちょこお伺いして、勉強させてください♪
どうぞよろしくお願いいたします。
2007.02.14 20:51
英語の虎
Mojoさま

はじめまして。コメントありがとうございます。

ここしばらく英語の音声変化について、文字を使って音を伝えるという無謀なことに挑んでおります。言葉にすることで今まで見えなかったものが見えてくるのではないかという思いからです。

すでにリスニングができるかたにとっては当たり前のことばかりかとも思いますが、知識の整理のお役に立てれば幸いです。
Mojoさまのサイトにも遊びにいかせていただきますね。

こちらこそよろしくお願いいたします。
2007.02.14 22:36

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/64-61f0ac23

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索