英語独学虎の穴  消えるのはVだけじゃなく・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

消えるのはVだけじゃなく・・・

あしたのためにその63 「h・th、お前らもか

今日はまずは問題から。以下の文がどう発音されるかおわかりでしょうか。

I told her.

It's his apple.

Turn them on.

前回まで「 v 」の脱落について触れてきましたが、消えるのは「 v 」だけではありません。機能語の先頭にある「 h 」や「 th 」も文の中では極端に弱くなり、ほとんど省略されます。

例えば「 him 」なら「 h 」が消失して「 im 」、「 her 」ならやはり「 h 」が消えて「 er 」、「 them 」なら「 th 」が消失して「 em 」のようになります。

ここでやっかいなのは、「 h 」や「 th 」が消えることで、次の母音が単語の先頭に来てしまうということです。「 im 」「 er 」「 em 」どれも先頭は母音ですよね。するともしこの直前の単語が子音で終わっていたらどうなりますか?そう、例の「子音と母音の連結」がここで起こってしまうのです。

例えば「 Give him a chance. 」なら「 him 」の「 h 」は弱くなり発音されませんから、音としては「 im 」として存在することとなります。すると前の「 Give 」の最後の音「 v 」と「 im 」が連結して「 Givim 」(ギヴィム)となってしまうわけです。

さらに「 im 」の「 m 」は後ろの「 a 」と連結しますから、「 Give him a 」は一語で「 Givima 」(ギヴィマ)のようになり、全体では「 Givima chance 」(ギヴィマチャンス)と発音されることとなります。こうして出来上がった音のかたまりは「ギヴ ヒム ア チャンス」とは似ても似つきません。

ちなみに「 him 」を「 them 」に変えて「 Give them a chance. 」にしても「 them 」は「 th 」が抜けて「 em 」になりますから、当然上と同様に連結します。ですからこの場合、「 Givema chance 」(ギヴェマチャンス)と発音されることとなりますよね。

実際、「 him 」の母音の「 i 」は「イ」と「エ」の中間の音ですし、「 them 」の母音「 e 」もあいまいに発音されますから「 Give him a chance. 」と「 Give them a chance. 」はほとんど区別できないはずです。

最初の例文の答え合わせはまた明日。上を参考にして考えておいてくださいね。


     ↓        ↓         ↓
人気blogランキングへにほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記



.12 2007 音の科学変化 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/63-d749b64b

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索