英語独学虎の穴  富士登山と英語学習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

富士登山と英語学習

実は先日、人生で一度は登ってみたいと思っていた富士山に登ってきました。

水泳で心肺を鍛え、休みの日に丹沢の山に一人で登って自主トレしたりと、自分なりに準備をしたつもりでしたが、それでもやはり大変でした。その分、頂上から見た景色は最高でしたが。


まぁたいそうなことを言っていますが、富士登山の成功率は、コースにもよりますが86~95%もあるんだそうです。

登山どころか運動経験のほとんどない女性も沢山いますし、子供を(無理やり)連れてきている人までいて、この数字なのです。高山病や怪我など体調に不良を来さない限り、ほとんど登れるということですね(かと言ってなめちゃいけませんが)。


ちなみに富士山よりもっと大変なフルマラソンの場合、例えば去年の東京マラソンの完走率はなんと97.2%だったそうです。

ホノルルマラソンの場合は、「協会側で把握できないような形で途中リタイアされる方もいらっしゃいますので正確な把握は難しいのですが、チャンピオンチップでの計測によると、スタートラインを越えた方の約99%程度がフィニッシュラインを通過されているようです」とありました。

これって凄いことですよね。富士山もマラソンも、どちらも道中は大変な道のりですが、スタートラインに立ちさえすれば、かなりの確率でゴールまでたどり着けるということ。


これと比べて英語の場合、学習者の95%が成功するなんてありえないですよね。英語を学ぶ人の数は常に1300万人ほどいるのだそうです。その内、英語が使えるようになる人の割合は95%どころか、5%にも満たないんじゃないでしょうか。

じゃあどうして成功率にこれほど大きな違いがあるのでしょう。
一見フルマラソンのほうが遥かに大変そうですけど。


一つには言うまでもなく、純粋に「かかる時間」の違いがあります。ゴールまでの道のりの長さの違いが。

フルマラソンも富士登山(下山も含めて)も、どれほどゆっくりなペースで行ったとしても20時間もかかりません。

これに対して英語の場合、諸説ありますが、使えるようになるまでに3000時間必要だと言われています。学校での1000時間を入れるとしても、あと2000時間。 


比べようもないほど遥かに長い道のりなのです。毎日「欠かさず」1時間やったとしても6年近くかかることに。毎日1時間を6年って大変です。そりゃ途中で脱落する人の数も増えるはずですね。

ただしもっと大きいのは、英語学習の場合、そもそも「スタートライン」に立っていない人が多いんじゃないかと思うのです。

fuji

ー続きます。


応援のクリックを更新の励みにさせて頂いています。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.10 2012 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索