英語独学虎の穴  音のつながり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

音のつながり

あしたのためにその58 「川の流れのように

次の文をどう読むかおわかりでしょうか。

It is on an ice.

もちろん「イット イズ オン アン アイス」のようにそれぞれの単語がばらばらに読まれるということはありません。ここにスムーズに流れるような英語の発音を可能にする一つの法則があります。


ある単語が子音で終わり、次の単語が母音で始まるとき、その二つの単語はつながって、あたかも一つの単語のように発音されます。これを「子音と母音の連結」(リンキング)と呼びます。

リンキングは「結びつける」という意味の「link」という動詞から来ています。「 リンク 」はすでに日本語にもなっていますからネットを使う皆さんには馴染みがあるはずです。

例えば「 come in 」は「カム イン」ではなくて 「 come 」の最後の音「 m 」と次の母音の「 i 」がくっついて「 comin 」(カミン)という一つの単語のように発音されますよね。これが子音と母音の連結の基本です。

特に「 r 」や「 n 」は後に続く母音とつながりやすく、「 far away 」は太字の「 r 」と「 a 」がつながって「ファー アウェイ」ではなく「 faraway 」(ファウェイ)、「 later on 」も太字の「 r 」と「 o 」がつながって「レイター オン」ではなく「 lateron 」(レイタン)、 「 Can I 」もやはり太字の「 n 」と「 I 」(音はaiです)がつながって「キャン アイ」ではなく「クナイ」と発音されます(下線を引いたラ行の音は「 r 」です、念のため)。

前にも説明しましたが 「 can 」は機能語ですからはっきり「キャン」とは言わないんでしたよね。「町で「キャン アイ」と言ってる人を見たら日本人だと思え」ということわざがあるぐらいだそうです(うそですよ)から、そうならぬよう気をつけましょう。

最初の問題の答え合わせはまた明日に。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。明日もよりよい記事を書けるように応援お願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記d_04.gif


.06 2007 音の科学変化 comment2 trackback1

comment

かいちゃん
お早うございます。

私は思いっきり「キャン」と発音しており、コテコテの日本人英語でした。これからは、機能語である can は「クン」とすばやく、あいまいに発音するように心がけます。
2007.02.07 07:14
英語の虎
かいちゃんさま、いつもコメントありがとうございます。

「キャナイ」でもいいです。とにかく「キャン アイ」だと機能語を内容語と同じように扱ってしまうことになるため、リズムを壊してしまうのです。機能語群を一気にすばやく読むためにも、このリンキングはとても大切になります。

これからもっと掘り下げていきますので、またお付き合いください。
2007.02.07 21:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/58-224a4fde
英語が話せるようになりたい!英検1級獲りたい!TOEIC900点獲りたい!海外に住みたい!と思う方必見のブログです。

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索