英語独学虎の穴  映画を使っての学習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

映画を使っての学習

映画がわかるようになりたい、映画を教材に使いたいという方は多いと思います。

自分のケースでは映画「You've got mail」のセリフを全て書き取り、そのセリフに合わせて音読するという荒行を行いましたが、これではハードルが高過ぎるので、もう少しソフトな方法を考えました。以下がその手順です。


①まずは日本語字幕で見る

これは背景知識を仕入れる段階ですから、存分に楽しんでください。


②直後にWikipediaであらすじを読む

前回お話したように、見た直後だとよく理解できるはずです。


③ストーリーを知った上で、一時停止を使いながら字幕を全部「読む」。

本来は一瞬で過ぎ去ってしまうセリフですが、これによりじっくり読むことができます。これから何度も見ることになりますから、知らない単語はここで調べて覚えてしまいましょう。

全てのセリフがわかった上で


④字幕読みをもう一度。今度は一時停止をなるぺく使わずに時間内に読むようにします。

このプロセスを何度か繰り返して、流れの中で全ての字幕を読めるまで。そして一時停止を使わずに全てのセリフが読めるようになったらいよいよ


⑤字幕なしに挑戦 

わからない部分は字幕を出して確認します。字幕なしで全てわかるまでこれも何度か繰り返してください。
 

こうすれば「聞き流し」で終わりませんよね。映画を見て全部「わかる」という体験をぜひ一度。



Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


苦戦が続いています。応援いただけると嬉しいです。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.07 2012 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索