英語独学虎の穴  あらすじ読み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

あらすじ読み

先日、映画「Back to the Future」を本当にしばらくぶりに見る機会があって、この続きってどうなるんだっけと、ふと気になりました。3部作なんですよね。昔好きで何度か見たはずなんですが、そう言えばよく覚えてないなと。

こういう時に役立つのがWikipedia。本当に便利になったものです。読んでみてこれは使えると思いました。

映画が嫌いな人ってあんまりいないと思うんですよ。だから好きな映画、過去に見てストーリーを覚えているものを片っ端から「読んで」みる。Plotというところであらすじが読めます。

「英語でのタイトル名+wiki」で検索してみてください。原題がわからなければ、日本語のWikipediaで調べればわかります。

すでに見たことがあれば背景知識がありますから、それぞれのシーンを思い出しながら読むということができるはず。それによって理解が助けられるでしょう。できれば見た直後がお勧めです。

また、そこまで長くはないので、ちょっとした空き時間などに読むのに適しています。これまでに見たことがある映画のあらすじを一日一本読むのもいいですよね。

ただし人気映画じゃない場合、あまり記述が詳しくない場合があります。大ヒットした映画のほうが充実しているということは言えると思います。

さらに言うと、シリーズ化しているものがやはり詳しいです。まぁこれも第一作が大ヒットしたことが条件ですが。

ただ、そういうものって実はアクションものが多いんですよね。Rocky, Indiana Jones, Star Wars, Saw などなど。

こういうものはアクションシーンが多すぎて、映画自体は英語の勉強にはあまり向いていませんが、Wikipediaではそれが全て文字で説明されていますので、ためになります。

映画のあらすじ読み、ぜひチャレンジしてみてください。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


ブログを続ける糧になります。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.04 2012 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索