英語独学虎の穴  英語を「聞き取る」ためのトレーニング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英語を「聞き取る」ためのトレーニング

スクリプト(台本)を見ながら、聞こえてくる手本のように発音するというのが、シンクロ読みの最大のミソです。

英語の聞き取りを難しくする原因の一つに「音の変化」がありますが、スクリプトを見つつ、その変化した音を再現しようとすることによって、音の変化への対応力がついていきます。


ディクテーションをやってみた方は、「字で書くとこういうつづりになるものをこんな風に発音するのか」と驚いたこと、発見したことが沢山あると思うんですよね。そうして発見したことを、今度は自分の声で再現するわけです。

(だからこそディクテーションをやってからシンクロ読み、という順番で進めると効果倍増なのです。)


例えば プリロン のように聞こえたものの正体が put it on だと知って驚いたとしますよね。

シンクロ読みでは、手本に重なるまで何度もその正体のつづりを読むことになります。

最初は プット イット オン というカタカナが頭に浮かんで、put it on というつづりを見つつ プリロン と読むのには抵抗があるはずです。頭ではわかってはいても、なかなかそう読めないと(これは実に手強いです)。

でも耳から聞こえてくる手本の音声と同じように読めるまで繰り返すことによって、こういう単語の並びのときはこう発音するということが、頭に刷り込まれることになります。

そうなると、次に実際に遭遇したときに対応できる可能性は高まるはずです。


さらにこれが頭にがっちり入っていれば、プリラサイ(ド) のように聞こえたものを、これは put it aside のことじゃないか、

あるいは ゲリロン のように聞こえたものは get it on のことかななどと、すでに知っている変化の知識を元に推測することもできるかも知れません。

つまり一つの音の変化を、その正体のつづりを見つつ繰り返し発音することでものにする、これによって応用が利くようになるわけですね。

こういうプロセスを経て、対応できる音のパターンはどんどん増えていきます。


以前ディクテーションのメリットについて細かくお伝えしましたが、あの中のほとんどはシンクロ読みにも当てはまります。

さらにあれ以外にもシンクロ読みには、音にまつわるメリットがあります。

「音の変化への対応力の向上」はその一つ。もちろんこれだけではありません。その最大のものはやはり、「音の再現力の向上」です。


カタカナ発音の人が自己流に音読すると、当然口から発せられる音はカタカナ発音のままですし、それが耳からも入ることとなり、持ち前のカタカナ発音はより強固に頭にこびりつくこととなります。こうなると修正するのはどんどん難しくなっていきます。


それとは逆に、耳から聞こえてくる本物の英語の音に重なるように読もうと努めることで、自分の口からより本物に近い音が出せるようになれば、自分の耳にも正しいものに近い音が入ることになりますよね。

そうやって耳から入ってくる音の質が向上することによって、カタカナ英語で溢れていた頭の中の「音のデータベース」も少しずつ修正されていきます。これにより、自分が出せる音の質はさらに向上していきます。

そうなると、もっといい音が耳から入るようになるわけですから、データベースの音の質ももっと向上して…という繰り返し。こういうプロセスを経て発音はどんどん磨かれていくことになります。


そして発音が向上することによってもたらされるメリットの最たるもの、それは人から「カッコいい~」と思われることではありません。

以前もお話したように、人間は自分が再現できる音はきちんと捉えられますから、発音が向上することによって英語の音をよりクリアーに捉えられるようになります。これによってリスニング力も上がっていくというわけです。

リスニングをどうにか向上させたい、でもどうしたらいいかわからないとお嘆きの貴方。どうかこのトレーニングに挑戦してみてください。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


苦しい戦いが続いています。応援よろしくお願いいたします。
   ↓  ↓  ↓
英語学習 ランキング
.09 2011 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索