英語独学虎の穴  音読の質を上げるには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

音読の質を上げるには

音を再現しようと努めることで、よりたくさんの音をはっきりとらえられるようになるというお話をしました。

ただし、「英語の音を再現」と言っても、完璧に発音ができるようにならなければならないということではありません(もちろんそうなれたら最高ですが)。


外国語の発音の習得は耳の発達と関係しており、一定の年齢(個人差ありますが思春期あたり)を超えてからでは、ネイティブスピーカー並にはならないと言われています。これを臨界期仮説と呼ぶのだそうです。

仮説というのは、それを否定する例があるからです。つまり大人になってからネイティブ並の発音を身につけたという例も確認されているということ。

ただしその条件として、英語圏に住み、仕事で英語を使うなど英語にどっぷり漬かるような環境にあって、かつ継続的に発音訓練を受ける、これを5年以上続けることが必要だと言いますから、やはり日本にいながらでは難しいと言わざるを得ません。特に男性は(女性のほうが発音の習得には向いているのだそうです)。

ですから完璧に発音を身につけなくてはならないということではないのです。


そうかと言って、最初から目標を下げてしまうと、その低い目標の達成までも難しくなってしまいますよね。

あくまでも目標は高くネイティブの発音を目指し、それを忠実に再現しようと注意深く音を聞く、そして少しでも近づけようと努める。この、「近づけようとするプロセス」が英語のアンテナを磨くことにつながるわけです。

皆さんの自己ベストを目指してください。


ただし「音をできるだけ再現」と言っても、聞いた音を「覚えておいて」、それを後から再現するというのはとても難しいです。よっぽど短い文じゃない限り。

それと採点が甘くなる可能性もありますよね。特に英語の音をキャッチする力が弱いうちは。なんとなくできたような気がするからいいんじゃないかと、手本とはかけ離れた出来のまま終わってしまうことだってあるかも知れません。

それでは音読の「質」はなかなか上がっていきません。

もちろん、少しでも「近づけよう」とする分だけ、自己流でただ声を出すよりはいいですが、どうせやるならもっとトレーニングの効率を高めたいものです。


どうしてこれが難しいかと言うと、「音を覚えておく」「(覚えていた)音を再現する」という、二つの大きな負荷がかかるタスクをこなすことが必要となるからです。

この内、「音を再現する」ことは、音読の質を上げるために欠かすことができませんが、ではせめて「覚えておく」というタスクだけでもなくすことはできないでしょうか。

そこでお勧めなのが、耳から聞こえてくる手本の音声と同時に、スクリプトを読み進める音読法です。「920まで」の中で「シンクロ読み」と呼んでいた、あのトレーニングです。

これなら音をわざわざ覚えておく必要はありません。聞こえた瞬間に同じ音を出すようにするわけですから。


さらにこの方法なら、自分の声が手本とずれていれば、すぐにわかりますよね。厳しい目を持つ審判と同時に走るようなもので、ごまかしようがありません。採点を甘くすることができないのです。

実際にやってみると、自分の発する声と手本の音声との間に横たわる、大きなギャップに直面することになるでしょう。最初は絶望的とも思えるかも知れません。

そのギャップを明らかにし、それを埋めるよう努めることで、音読の質を向上させることができるというわけです。

これほど音読の質を高められる方法は、他にないだろうと思います。その分、難易度の高さも半端ではありませんが。


次回からこの「シンクロ読み」について詳しくお話していきます。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


5位に返り咲くことはできるのでしょうか?

英語学習 ランキング
.05 2011 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索