英語独学虎の穴  質の高い音読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

質の高い音読

質の高い音読とは、英語の音をできるだけ再現しようと読むことを指します。

再現するためには、参考にすべき手本が必要となるでしょう。特に英語の音に慣れていないうちは。それを注意深く聞いて、細かいところまで真似しようと努める。ここが「ただ声に出して読む」自己流の音読と大きく異なる点です。


前回、音読は音に近づいていく作業だというお話をしました。音に近づくためには、自己流ではなく、この「質の高い音読」をする必要があります。

ではなぜこれによって音に近づくことができるのか。

そのヒントとなるのは、「人間は自分で出せる音は聞き分けられる」という原則です。

ということは英語の音の再現力が高い人ほど、より多くの音をきちんと聞き分けられるということになります。

質の高い音読を心がけることによって音の再現力が高まれば、英語の音をキャッチするアンテナは鋭くなり、音をはっきり捉えられるようになることが期待できるわけです。

音読というと、なんとなくリーディング力を高めるためのトレーニングのように感じますけれど、上記の理由から、質の高い音読はリスニング力を高めるのに役立ってくれるということですね。


ただ、これが正しいとすると、一つの疑問が湧いてきます。じゃあカタカナ発音の人はどうなるのかと。

英語の音の再現力が低い人は音をきちんと捉えられないのであれば、そういう人は英語が聞き取れないということになってしまいます。

でも実際には、世の中にはカタカナ発音のままでもコミュニケーションを取れる方は沢山いらっしゃいますよね。

これはどういうことなのか。


以下、その理由についてお話します。

「人間は自分で出せる音は聞き分けられる」とは、自分で出せる音は、よりクリアーにとらえられるということ。

では「自分で出せない音はまったくとらえられない」のかというと、もちろんそうではありません。再現できる音ほどはクリアーにとらえられない、というだけの話です。


それともう一つ忘れてはいけないのは、音をキャッチできる=聞き取れる ではないということ。

「聞き取る」という作業は、音をキャッチして、その音の情報を元にどんな単語が使われているかを特定し、その単語がつながってできた文としての意味もとる、などなどいくつかのプロセスから成り立ちます。

この内、単語を特定する力は語彙力に応じます。

また、文としての意味をとらえる力はリーディングと重なる部分が多くあります。

確かに最初の入り口である音をキャッチする段階は大切ですが、仮にアンテナが鈍くて、最初の段階でキャッチできる音が少々ぼやけていても、豊富な語彙力のおかげで単語を推測する力に優れ、さらにはリーディング力が強くて文としての意味をとる力が図抜けている方は、そちらでカバーできるということになります。

これがカタカナ発音で音が再現できなくとも聞き取れる理由ではないかと(あくまでも僕の推測ですが)。

実際、そういう方はとんでもない量のインプット(特にリーディング)を積むことで、豊かな語彙の知識と読解力をお持ちのはずです。


これはまた、聞き取りの力を高めるためのヒントにもなります。リスニング力を高めるには、音のキャッチ力だけでなく、語彙力やリーディング力(文の意味をとる力)もバランスよく鍛えなくてはいけないということです。それらが高いレベルで揃って初めて聞き取れるようになると。


このように音の再現力が低くとも、聞き取れるようになることは可能です。ただそうは言っても、やはり最初の「音のキャッチの段階」が強いに越したことはないですよね。

そしてそこを効率的に鍛えられるのが、質の高い音読だというわけです。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


ランキング、応援お願いいたします。いま何位?

英語学習 ランキング


.01 2011 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索