英語独学虎の穴  ディクテーションのメリット 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ディクテーションのメリット 

前回からの続きです。


ディクテーションのメリットその2
「自分の弱点の把握」

ディクテーションが何よりいいのは、書いたことが文字として残るというところです。

「英語が聞き取れない」では漠然としすぎていて、何から手をつけていいかわかりませんよね。

そして聞き取れないという人も、まったくゼロというわけではないはずです。ではどの部分が聞き取れていて、どれが聞き取れないのか。

書くことによって、自分が本当に聞き取れていないところがはっきりするわけです。音が変化しているところに対応ができないんだとか、そもそも子音が聞き取れていないんだなどなど。聞き流しているだけでは、永遠にわからないことでしょう。

もちろん弱点がわかるだけではなく、弱点がわかることによってその克服につなげることだってできます。こう聞こえたときはこう言っているんだと、その正体が文字でわかるわけですから。

そして逆に、聞き取れている「つもり」の人にとっても、ディクテーションをすることによって、本当にわかっているのかどうかが明らかになります。そういう意味ではシビアなリトマス試験紙のようなトレーニングと言えると思います。

ディクテーションは本当に古くから行われており、リスニング力とディクテーションの正解率との相関は認められているのだそうです。

ですから聞き取れる人なら、きちんと書き取れるはずですし、反対にきっちり書き取れるようになるところを目指すことで、聞き取れるところに近づくことができるということも言えるはずです。


メリットその3
「音と文字との対応の強化」

音と文字は言葉の両輪ですよね。しかし日本で英語教育を受けた方の中には(よっぽど発音に熱心な先生に当たらない限り)、ずっとカタカナ発音で通してしまったという方が多いはずです。

これは大切な両輪のうちの片方を「本物とはかけ離れた」形でずっと勉強してきたということ。

そして言うまでもなく、「音」は会話をする上で欠かせないものです。そこが欠けているわけですから、このままでは会話で使えるようになるはずもありません。

ディクテーションは音と文字とのすりあわせ作業でもあります。

音を何度も聞いて、それを文字にする。つまりあまり「なじみのない」英語の音を、学生時代さんざん使った「なじみ深い」文字とがっちりと対応させる作業だと言えます。文字の力を借りることで、音への習熟度を上げていくわけです。


メリットその4
「語彙の強化」

大学受験をされた方はかなりの数を単語を覚えたはずですが、どれほど単語の知識が頭に入っていようと、それがカタカナで入っていては、ネイティブスピーカーの口から発音されたときに対応できません。

ディクテーションのために音を繰り返し聞くこと、そしてそれを文字にすることは、つづりとしては知っている単語が本当はどう発音されるのかを知るチャンスでもあります(もちろんそのためにはスクリプトがあるものを選ばなくてはなりませんが)。

さらに耳から聞こえたものを実際に自分の手で書いてみることによって、記憶に強く刻まれるでしょうし(より多くの感覚を使ったほうが記憶には残ります)、答え合わせをすることで間違って覚えていた単語のつづりを修正する機会もあるでしょう。そうなるともっと印象はもっと強まります。

こういうプロセスを通じて語彙も強化できる、これも見逃せないメリットの一つだと思います。


前にもお話しましたが、どんなトレーニングをするにも、「これはこういう効果を得るためにやるんだ」と目的をはっきり意識しながら取り組むことで、効率は上がります。こうしてディクテーションのメリットを並べているのはそのためです。

ぜひこれらのメリットを意識しながらディクテーションに取り組んでみてください。


Facebookページ大人のやり直し英語部で活動中です。よかったらご参加ください。


ランキングの応援もお願いします。

英語学習 ランキング

.04 2011 やり直し英語術 comment2 trackback(-)

comment

Shira
あと、正書法の練習にとても良いですね。数字の書き方や各種記号の使い方など、ずいぶん勉強になりました。しばらく続けると「:」や「-」が「聞こえてくる」ようになってきます。
2011.10.09 00:01
英語の虎 中島正博
記号が「聞こえてくる」なるほど、そういう効能もあるのですね。
教えていただきましてありがとうございます。

2011.10.09 22:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索