英語独学虎の穴  英語学習と筋トレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英語学習と筋トレ

むかし腕立て伏せを毎日50回やってたんですね。運動してるぜって。ところが、どこかで「何十回もできるような負荷では筋力はつかない」と聞いてがっくりしました。

それからというもの、一回一回できるだけ時間かけてやるように。あごがつくとろでぴたっと止めて。勢いをなくすことで体重という負荷を最大にするわけです。これだと10回もできませんが、実感としてこっちのほうが筋力はつきます。

つまり負荷が軽いこと、楽なことをやっていても、成長はないということ。これまでの筋力では対応できない負荷をかけられることによって、筋肉の繊維はいったん破壊されます。そして回復する際に、前を超える強度になるのです。これまでのままじゃだめなんだって筋肉が自覚するんですよね。これを「超回復」と呼ぶんだそうで。

筋肉だけじゃなく、ぜんぶこれと同じなんですよね。きついと感じるぐらいの負荷をかけないと成長できないように人間はデザインされているんです。

だから常に、余計な負荷をかけるということを意識する。限界を超えるような。

音読も最初はきついですが、真剣に取り組んでいると、段々楽しくなっていきます。そしてそれを過ぎると楽になります。でも楽になったらいつまでも同じことをやっていたらいけません。もっと負荷をかけてという合図ですから。



もうひとつ、Wikipediaの「ウエイトトレーニング」という項目の中に、英語学習にも参考になりそうなものを見つけましたので、それをシェアしたいと思います。

~以下引用~

・継続性の原則

トレーニングは継続しなければ効果がない。トレーニングを辞めてしまうと筋肉は次第に衰える。 基本的には筋肉が付くのと同じくらいのペースで落ちると言われている。ただし、長年に亘って継続してトレーニングを続けていた場合はその限りではない。


・筋肉の記憶力

例えば、元々50kgしかベンチプレスできない人間が、100kgベンチプレスできるようになるには、普通、年単位のトレーニングが必要であるが、 一旦100kgベンチプレスできるまで鍛えた人間がトレーニングを出来ない事情により衰えて50kgしかベンチプレスできなくなったとしても、100kg ベンチプレスできるまで回復するのにそれほど時間はかからない。たいていの場合2~3ヶ月のトレーニングで最大筋量に近い力を取り戻すことが出来る。

~引用ここまで~

この二つはぴったり当てはまると思います。中でも「継続」は本当に大切です。せっかくトレーニングによって筋力をつけていっても、何日か負荷をかけないでおくと、「あぁもう頑張らなくていいんだ」と筋肉は判断し、限界値は下がっていく。英語学習でも同じです。

だからちょっとかじってちょっとやめ、また気が向いたら手を出してみるというスタンスではなかなか上達できません。

本気で上達したいと考えるなら、ブランクを作らずに毎日少しずつでも「限界を超える負荷をかける」ようにする。←そうじゃないと成長しませんからね。そしてそれを「続ける」ということ。

ただし、長年にわたって継続してトレーニングを続けて、一定のレベルに達してしまうと、少しのブランクがあって衰えてもすぐ取り戻せます。一度自転車に乗れるようになった人は、何年も乗っていなくたって、すぐに乗れるようになるように。

だからそこに達するまでは、毎日続けましょう。


・意識性の法則

運動している時に、今どの部分の筋肉を鍛えているか、その筋肉にどう動いて欲しいか、結果どうなりたいのかなどをイメージすると効果が高まるんだそうです。

英語にも色んなトレーニングがありますが、「このトレーニングは、ここを鍛えるためにやっているんだ」というのを明確にもって臨んだほうがやはり効果は高いです。

例えば音読にしたって、「人がいいと言っているから」とただ漫然とこなすのと、「全ての音をなめらかにかつ正確に発音できるようになりたい」など、トレーニングの目的、それによって得たいものを明確に持ってやるのとでは、同じ回数をこなしても到達点は大きく違ってくるはずです。

それと一回一回テーマを持って取り組むこと。今回は母音を特に意識しよう、次はイントネーションをなどなど。これも大切。

音読のメリットについてお話しているのも、こういうことを意識しながらやっていただきたいからなんです。せっかく時間をかけてトレーニングするなら、効果を最大にしたいですもんね。


今日もFacebookページからお届けしました。もっと読んでみたいという方は、大人のやり直し英語部へどうぞ。


奇跡の5位復活なるか?

英語学習 ランキング
.15 2011 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索