英語独学虎の穴  音読のメリット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

音読のメリット

大人のやり直し英語部 」のほうで、音読について書いていますので、その一部をこちらでもご紹介いたします。


これから音読のメリットについてお話していきます。今やっていらっしゃる人は、ぜひこういうメリットを意識しながら取り組んでみてください。

・前に戻らずに「読み下す」ことに慣れる

「じっくり読めばなんとかわかる」という人は多いでしょうが、そのレベルでは、なかなか楽しめるところまでいきません。そうなると、英語を読むことが億劫な作業となってしまい、読む量も増えていきません。

また、スピードがないと、ようやく一文読み終わって次の文に行く頃には、前の内容を忘れてしまうということだってあり得ます。そうなると、前の長い部分を 受けて、it で言い換えている場合など、その代名詞の指している内容を忘れてしまうということも。時間がかかればかかるほど、すでに得た情報を記憶として維持しておく のは難しくなりますから。

つまり前に戻って確認しつつ、部分部分をもれがないように丁寧に読もうとすることで、かえって全体としてのつながりがわからなくなるなど、理解が落ちることがあるのです。

ですから、楽しめるようになるためにも、正確に読めるようになるためにも、本気で「使おう」と思ったらスピードの養成はもう必須で、「読み下す」ことはその前提条件となります。わからない部分があったからといっていちいち戻るというスタイルは卒業しないとならないのです。

声に出して読むことで、必然的に左から右へと一方向に読んでいくことになりますから、これに慣れることで、読み下す感覚がつかめるということ。これがメリットの一つ目です。

ただし、そのメリットを受けるために必要なことが一つ。


その条件とはとても単純で、「意味を重ねながら音読すること」です。

でも実はこれが難しいんです。

なぜなら音読というのは、「目から入った文字情報を頭の中の音の情報とマッチさせて、ふさわしい音を口から出す」という、とっても複雑な作業だからです。

初めて見るものを、正しい英語の発音ですらすら音読しながら意味もちゃんととれるという人は、すでに十分な英語を処理する力が備わっていると言えます。

慣れていないうちは、文字と音をマッチさせるのに必死で、読み終わった時には頭に何も入っていないという状態になるでしょう。口から英語の音を出すことに意識を奪われてしまって、意味をとること、それを記憶しておくことにまで頭が回らないわけです。小学校の低学年の国語の授業はこんな感じだったと思うんですよ。

じゃあどうすれば、スラスラ音読しつつ意味も取れるようになるかというと、それは同じものを繰り返し読むというトレーニングを積むことしかありません。

まずは一本をスラスラ読めるようになるまで繰り返す、その上で意味も重ねる。ここから始めましょう。

そしてそのように意味をとりながらスラスラ読めるもののレパートリーを増やしていく。

こういうトレーニングを積むことで、口から英語の音を出すというプロセスが自動化されれば、意味を重ねることに脳の資源を回せるようになります。そうして余裕ができるところまで持っていく必要があるわけです。地道なんです。


もっと読んでみたいという方は、大人のやり直し英語部へどうぞ。

さて今何位?

英語学習 ランキング
.13 2011 やり直し英語術 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索