英語独学虎の穴  ひねり出して覚えろ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ひねり出して覚えろ!

こうして「英語をひねり出す」力をつけるために日々奮闘していたが、思ったのは、どれほど組み立てる力を鍛えようとも、これはやっぱりとても負荷の高い作業だから、会話の中でずっとそれをやっていたら脳が疲弊してしまうだろうということ。

そんなときにいちいち頭を使わずとも言えることのストックがあれば、頭を休ませつつ会話を進められるようになるんじゃないか。

前にも少し書いたけれど、日本語でも全部のセリフをその場でいちいち組み立てるなんてことは少ないはず。それまでに考えたことがある、どこかで話したことがあることを口から出すということと、その場でのアドリブとを組み合わせつつ会話を進めているはず。

当然ながら不慣れな英語では、「文を組み立てる」という作業にかかる負荷は日本語で話す時とは比べ物にならないほど大きいだろうし、その分、頭を休められる機会はもっと必要になるだろう。だから頭を使わずとも言えるセリフをできるだけ増やそうと思った。

元々こうして英作文しているのは、「組み立てる」力を鍛えるのと、英語で話せるネタを作ることが目的だったわけだし。でも一回作ったことがあるぐらいでは、とても「頭を使わずに出せる」ものにはならない。

というわけで、そうやって頭を使わずとも言えるフレーズを増やすべく、作った英文を何度も音読することで覚えてしまうことにした。

なにしろ全て自分自身で作った、自分に関する英文だから、参考書に載っている誰かが作った自分とはまったく関係ない例文をただ順に覚えていくのと比べると遥かに頭に入りやすい。しかもいつか実際に使える可能性も高い。

もちろんなるべく感情をこめて、いかにもその場で考えて話してますみたいな雰囲気を醸し出しながら口にする。


これ以外にも、日々の生活の中で「これ英語でなんて言うんだろう」ということがある度に、必要ならその場で辞書を引きつつ英文を作る、そしてそれをさも今思いついたような風で実際に口にしてみる、何度か口ずさんで自分のものにする、この一連の作業をもう習慣にしてしまう。

こうすれば英語を「ひねり出す」訓練と、「頭を使わずとも言えることのストック」を増やすことが同時にできるというわけ。

これこそが何か言いたくてもまったく口から何も出てこない状態から抜け出すための第一歩だと思う。

ー続きます。


上位進出を目指して更新の頻度を上げていきます。
明日頑張って更新しますので、応援よろしくお願いします。
    ↓
英語学習 ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

.28 2011 アウトプット3 話せるようになるまで編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索