英語独学虎の穴  骨を食べる犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

骨を食べる犬

祝!あしたのためにその50 「通過点」(色が使えること知りませんでした)

ネイティブスピーカーは、意思の疎通をスムーズにするために、正確な発音を犠牲にしてまでリズムを重視します。何があっても崩しません。


英語が聞き取れなくて「Please speak more slowly.」と言ったときに日本人は、学校の先生がやってくれたように一語一語をゆっくり言ってもらうことを期待しますが、彼らはテンポを落とすだけで、このリズムはくずしません。機能語のグループはやはり一気に話します。

だから結局リズムの変化についていけないため、速く言われてわからなかったときとあまり変わらない理解度しか得られず、しかしわざわざゆっくり言ってくれたのを「もう一度」と頼む気にもなれずに、仕方なくわかった顔をするはめとなるのです。

機能語と内容語の判別は、英語のリズムを理解するために欠かせないの基本中の基本の事項ですが、学校の英語の授業で僕は教わったことがありませんでしたし、現在僕が英語を教えている高校生も知りませんでした。

なぜ教えないのでしょうか。これを知らないと、英語のリズムに近づくことは不可能です。知っているだけで使えない(聞き取れないし理解してもらえない)英文の数を増やすだけとなってしまいます。ここでしっかり頭に入れた上で、音読の練習を繰り返すことで自分のものにしてください。

もう少し簡単な文でリズムを見てみましょう。

Dogs eat bones.
The dogs eat the bones.
The dogs are eating the bones.
The dogs will eat the bones.
The dogs will have eaten the bones.

これらのいずれの場合も、内容語は dogs・eat・bones の3つだけで、他は全て機能語となりますから、どれだけ長くなっても同じリズムとスピードで読む必要があります。

当然、間に機能語がない一番上の文は、ほかのどの文よりもそれぞれの内容語を長めに発音し、そして文が長くなればなるほど、間にはさまれた機能語は速く、不明瞭に発音されることになります。

明日に続きます。

おかげさまで50回目の記事となります。開始当初から比べるとどんどん一回あたりのボリュームも増え、本業を圧迫するような事態に陥(おちい)ったこともあります。何度かくじけそうになりましたが、こうして続けていけるのも読んでくださる皆様のおかげです。どうかこれからも応援よろしくお願いいたします。
     ↓        ↓         ↓
 みんなの英会話奮闘記にほんブログ村 英語ブログへd_04.gif


.26 2007 より速く、より英語らしく comment3 trackback0

comment

ポン太
英語の虎様

初めまして。
ちょっとまだ操作分かってなくて、
初回の記事にコメントしちゃいましたので
再度書きます。

ともかくお伝えしたかったのは、
これだけ有用な記事を無料でしかも惜しげも
無く公開して頂き、有り難いやら勿体無いやら。

題名は立派でも内容は何やら怪しいものが
大半の英語ブログのなかで、これだけの
充実した内容をしかもほとんど毎日続けられるその姿勢に感服しまくりです!

ブログ拝見してやる気になってきたので
3月のTOEIC目指して勉強を始めました。
出来れば色々勉強法についても質問させて
頂きたいので、また来ます!!

頑張って下さい!!!
2007.01.27 19:10
かいちゃん
私は20年間英語を勉強してきましたが、発音に関しての学習書の中では、英語の虎さんのブログがもっともわかりやすく参考になります。たしかにポン太さんのいわれるように、無料でこのような記事を提供していることに感謝しなければなりませんね!
2007.01.27 23:03
英語の虎
コメントありがとうございます。


ポン太さま

そこまで言っていただくとかえって恐縮してしまいます。

でもそうやって思ってくださる方がいると思うと、もっといい記事を書こうと気合が入るのもまた事実です。

このブログをポン太さまの英語学習のペースメーカーにしていただけたら幸いです。

TOEICのことでもお力になれることがあるかと思いますので、またコメントか、あるいは右のアドレスまでメールをいただければと思います。


かいちゃんさま

ブログ開始直後からずっと応援してくださって、ありがとうございます。

おかげさまで現在は読んでくださる方も増えましたが、かいちゃんさまのコメントで、「ああ、もう少しここも説明したほうがいいな」と気づかされることも多くありました。

これからも日本で英語を学習している方の役に立てるよう頑張っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

2007.01.28 00:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/50-2357a435

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索