英語独学虎の穴  「書く」と「話す」の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「書く」と「話す」の関係

英語の4つのスキルは外からの情報を頭の中に入れる作業であるインプット(読む・聞く)と、自分の中のアイディアを外に出す作業であるアウトプット(書く・話す)に分けられる。

この分類の仕方の他にもう一つ、「動」のスキルと「静」のスキルという分類もできると思う。

「動」とは、会話のように、時間的な余裕がない場面で素早く対応することが求められるもの、「静」はそれに対し、ある程度自分のペースで進められるもの(もちろん最終的にはこちらもスピードを上げなくてはならないが)

そうなると、

動:「聞く」「話す」

静: 「読む」「書く」

のように分けられることになる。

当然、時間的な余裕のない「動」のほうがより難易度が高く、「静」のほうが難易度が低い(はず)。ということは、簡単なほうのスキルがままならないうちは、難しいほうはできないんじゃないか。


例えば読んでわからないものは聞いてわかるはずはない。だって「聞き取る」ためには、音をキャッチして、その情報を頭に保持しつつ、意味を取る、のように、複数の負荷の高い作業を限られた時間内にこなさなくてはならないのだから。

「読む」ときのような時間的な余裕がある中で、しかも「意味をとること」だけに集中できる環境でできないことが、時間的な余裕もなく、しかも他の作業と並行してできるわけはないと思う。

それと同じことが「書く」と「話す」にも言えると思った。書けないものは話せるはずがないと。


一番いいのは、書こうと思うと、なんとなくでは済ませられないということ。話す際には「単語をなんとなく並べて」というサバイバル的な対処法でもなんとかなる。

これも「動」と「静」の違いだと思う。

例えばリスニングとリーディングを考えても、「動」のスキルであるリスニングの場合、音はどんどん流れていってしまうので、慣れないうちはいい加減な理解になりがち。「よくわからなかったけれど、もう過ぎてしまったのでまぁいいか(あるいはしょうがないか)と。

こうなると聞き取れなかったのは、音そのものを聞き逃してしまったのか、それとも音はキャッチできたけれどその意味がわからなかったのか、できなかった原因もわかりにくい。

でも「静」のスキルであるリーディングの場合は、自分のペースで読めるので、わかっていない部分がはっきりする。そしてその原因も。わからなかったのは単語の意味を知らなかったからなのか、はたまた文の構造が読み取れなかったからなのかなど。

つまり「動」よりも「静」のスキルのほうが、丁寧に進められるということ。


それと同じで、話した言葉は録音でもしない限り消えてしまうが、書くとそれが全て形として残ることになるので、適当では済まない。でたらめなものを書いたら、その証拠が自分につきつけられることになる。これはこれでかなりへこまされることではあるけれど。

でもそうして自分が作ったものを客観的に見ることで、どこができていないかがわかり、どうすればもっとよくなるかを考えることで、ちゃんとした文を作る習慣がつくだろうと考えた。

こうして「正しいフォーム」を固めることがまずは大切だろうと。最初からいい加減なフォームで済ましていては、それが身に付いてしまうだろうから。

ー続きます。

このブログは皆さんのクリックによって支えられています。
   ↓
英語学習 ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
.07 2011 アウトプット3 話せるようになるまで編 comment1 trackback(-)

comment

kristenpart
興味深く拝見しました。

世の中、国際化が進むビジネスの世界では
英会話の能力ばかりが話題にされますが、
英語でのライティングの能力が最後には
モノを言うと思います。
特に法律や技術が背景にあるマターは
適切な単語の選択と論理の組み立てが
文章に最も要求されることです。

私は特許事務所で外国との間で技術文章の翻訳の
仕事をしています。話すことは案外流暢にできるのに、
いざ書くとなると稚拙で非論理的な文章しか
できない仲間は大勢います。

会話は適当にその場を済ませられるので、会話重視で
ビジネスをしているとその習慣が身についてしまって、
文章でもメールやチャットのような端折ったセンスで
案外書いてしまうものです。

英会話の駅前留学ばやりですが、しっかりとした
ビジネスレターが書けるような商業英語を学ぶ場は
案外少ないようです。
2012.11.16 03:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索