英語独学虎の穴  オリジナルの必要性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

オリジナルの必要性

実際にやってみて難しいと思ったのが、「覚えている文を状況に応じて変化させる」という作業。

まず沢山覚えた基本例文の中から、自分が言いたいことを表すのにどの文をベースにしたらいいのかと選ぶことがそもそも難しかった。さらにこれを一瞬で選んで、それを変化させるなんて。

一番の問題は、自分が言いたいことと、覚えた例文との間にギャップがあり過ぎること。やっぱり複雑なことをと期待してしまうが、なんたって頭に入っていることは「中学レベル」の基本例文ばかりなのだから。

だから手を加えろと言われても、ビフォーとアフターがあまりにも違い過ぎて、何から手をつけていいかわからない。結局思うように言葉が出てこず「あーあー」とうなるだけ。


覚えた英文が基本的過ぎるのが問題なんじゃないだろうか。自分が表現したいことはもっと複雑なことだ、ならばもっと複雑な例文を覚えたほうがいいのではないか。そうすれば、元の文と言いたいことの間のギャップが狭まって、変化させることも楽になるんじゃないか。

そこで昔使った英文700選(駿台文庫)を引っぱり出してきて、例文を覚えることに。

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
(2002/01)
鈴木 長十、伊藤 和夫 他

商品詳細を見る


こちらは1ページ目から 

It is a pity that a man of your ability should remain unknown to the world.
(あなたほどの才能の持ち主が世間に知られずにいるのは惜しいことです。)

なんて出てくるぐらいなんで、難易度は基本例文集とは比較にならない。一文一文の負荷が極端に大きいので頭に入れるのが大変だったが、音読を繰り返して覚えていく。

覚えては忘れ、覚えては忘れの繰り返しで、少しずつ覚えているものの割合を増やしていくという地道な作業。結局二ヶ月ほどぐらいかけて、あらかた頭に入れた(と思う)。

でもやっぱりすらすら話せるようにはならなかった。本当は覚えた上で、それらを変化させる練習をする必要があるのだろうけれど、自分が伝えたいことを表すのに、頭の中のデータベースのどれを引っ張ってきて、加工すればいいのかということがまったくわからない。それは複雑な構文を覚えても一緒だった。


このように、「英借文」のために大量に英文を覚えたけれど、ではそれが自分の中で役立ったかと言われると答えるのが難しい。多くの方がこの例文の暗記の大切さには触れているし、決してムダにはなってはいないと思うけれど。

恐らく気がつかないところでなんらかの役には立っているのだろう(例えばリーディングとか)。積み重ねたことが消えるはずはないから。ただ、残念ながら自分にはこの英文暗記の効果はわからないままだった。


これらの作業を通じてたどりついた結論は、やっぱり人からの借り物じゃなくて、言いたいことを一つ一つ「自分で」組み立てられるようにならなくちゃだめだということ。少なくともその力を育てる努力をしなければ。


ー続きます。

ランキングを励みに書いていますので、よかったら応援してください。
   ↓
英語学習 ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
.24 2011 アウトプット3 話せるようになるまで編 comment1 trackback(-)

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.30 23:30

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索