英語独学虎の穴  方向転換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

方向転換

それはともかく。

「大量にインプットを重ねればいつか口から英語が溢れ出す」というインプット神話を断ち切ってからも、ずっと「英語が自動的に出てくる」境地への憧れは相変わらず捨てられずにいた。とにかくなんでもアドリブでスラスラ話せるようになりたいと。

そしてそこに達するためには誰かが言っていたように、「英語は英語で考える」ことができないとだめだろうと思っていた。日本語で考えているうちは、いくら話す練習をしたところでその境地に達することはなかろうと。

だから話せるようになりたいと言いながらここまで実際に話すことの練習をせずに、音読やらインプットやら文法などと、それ以外のことに時間を割いていたのだった。

正攻法じゃスラスラ話せるようにはならないだろう、その他のことにこそ「英語を英語で考えられる」ようになるためのカギがあるんじゃないかと。リスニングでいうところのシンクロ読みのような、なにか裏技的なものが(あれはあれで、裏技というよりとっても地道なトレーニングだけれど)。


ただ、探していた魔法のカギは大量のインプットにも文法にも結局なくて、ここまで色々試してきてみて、達人が言うような、「英語を英語で考える」ことはどうやらいきなりは無理なんじゃないかと思うようになった。だってどうしたって日本語で考えてしまうんだから。

「とにかく英語は英語で考えろ」と言われたところで、ではそれまで日本語漬けの生活を送ってきた人間が、具体的にどういう順を踏めばそういうところにたどりつけるかを教えてもらえなければ、それは「心頭滅却すれば火もまた涼し」的な精神論とほとんど変わらない。

だからもう、いきなり「英語は英語で」というのは諦めて、「日本語で生まれた発想」をスムーズに英語にするためにはどうすればいいのかという方向に切り替えることにした。後から考えると、これが大きな転機になったと思う。


ここで「英語を話す」という作業をもう少し細かく見てみると、まずは頭の中で英語を組み立てて(計画)、それを口から出す(発話)ということが必要になる。

この内、後の「口から出す」ところに関しては、散々音読をやってきたので自信があった。ただ問題はその前の「英語を組み立てる」という作業。ここが疎かだったから、結局何も出てこない。

たとえるならば配達システムはきちんと整備されているのに、肝心の製品を作る工場が稼働していないようなもので。あるいは工員が作業していないか。

だから「シャドーイングがスピーキングの役に立つ」という人がよくいるけれど、それは全くのウソとは言わないが、それは主に後半の「口から出す」部分でだけ。シャドーイングに限らず、音読系のトレーニングを積むことでここは確かにスムーズになる。

しかし多くの方にとって恐らく難しいのは、前半の「英語を組み立てる」という部分で、ここが疎かだと僕のケースのように結局は口から何も出てこない。だからこの段階をどう鍛えるか考えなくてはならない。

ー続きます。

ランキングを励みに書いていますので、よかったら応援してください。
   ↓
英語学習 ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
.09 2011 アウトプット3 話せるようになるまで編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索