英語独学虎の穴  英語で情報を得るという喜び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英語で情報を得るという喜び

ここでついでにリーディングについて少しだけ。

インプットだけでは英語は口からあふれ出してこないということに気づき、それまで中心に置いていた映画やドラマのリスニングはやめていたが、それでもインプットが大切だということはわかっていたので、読書はずっと続けていた。

最初は小説から入ったが、実は実用書のほうが読みやすいことを発見して、以来そればかり読んでいた。実用書が読みやすいのは、小説と違って抽象的な表現が少なくて具体的だから。

中でも自己啓発の分野の本は特に読みやすい。日本語の本でもそうだけど、この手の本はそもそも難しいことが書かれていない。基本的に、あんたこういうとこあるでしょ?それじゃだめよ、もっとこうしなさいよというお話のオンパレードなので。

カーネギーをきっかけに、ブライアン・トレイシーとか、日本でも大ヒットした「7つの習慣」とか

The 7 Habits of Highly Effective People: Powerful Lessons in Personal ChangeThe 7 Habits of Highly Effective People: Powerful Lessons in Personal Change
(2004/11/09)
Stephen R. Covey

商品詳細を見る


ただこの頃になると、そういうのもいい加減うんざりしてきたので(だいたい言うことは同じだから)、もうそろそろ本当に読みたいと思うものを読もうと考えた。

自分の場合は、興味の中心はやっぱりどうやって人に教えるかとか、いかに人のやる気を引き出すかということにずっとあったので、この頃少しずつ話題になり始めていた「コーチング」(一方的に教え込むのではなくて、人が自ら問題を解決する力を育てるのを助けるというアプローチ)について学ぼうと思い、「coaching」というキーワードで探してAmazonで一冊試しに買ってみた。


読んでみると、考えていたものと違って、職場の仕事効率を上げるために部下にどう接するかという話がメインだったけれど、それでも自分の抱えている課題と通じるところは多かったし、使われている具体例などがいちいちしっくり来て、理解を大きく助けてくれた。

ずいぶん前のことになるけれど、自分が初めて読んだ英語の本は「My Humorous Japan」というもので、語彙も十分にない段階でいきなりこれが読めたのは、十分に背景知識を持っている、日本に関することが書いてあったためだというお話をした。

自分が深く関わっている分野、興味がある分野であれば、持っている背景知識はこの比ではない。


何より、これまではリーディングをするときにいつもどこかで「英語の勉強のため」という意識があったのだけれど、こうして関心が深いものを読むことで、日本語の本を読むのと同じように、英語で直接情報を得られることになる。まだそれほど日本で知られていないことをいち早く手に入れられるという喜び。

そして言うまでもないが、英語で書かれたものを一冊読みきったときの充実感は凄いものがある。さらに一冊読み切るきることで、そのテーマでよく使われる単語や基礎となる考えなどが頭に入るので、次から同じテーマの本がもっと読みやすくなる。こういう循環で、読むごとに負荷が軽くなっていく。

多くの人が力がつくと勧める英字新聞の記事などを読むのは、本当に英語のためだけにやっている感じで相変わらず苦手だったが、自分が読みたいと思うものであれば不思議と読み続けることができた。英語を読むという行為は、それ自体パワーが要るので、本当に読みたいと思っているかどうかというのは大きいと思う。


だからある程度英語が読めるという方は、ぜひ自分のお仕事に関することや、あるいはそれについては何時間でも語れるような、自分が詳しいこと・好きなことに関する本を読んでみてください。きっと世界が広がると思います。専門用語はそのまま使われていたりしますしね。

Amazonで関連するキーワードを入れて調べるだけでも結構楽しいと思います。いつかこれを読んでやろうとかね。

ー続きます。

このところなかなか思うように更新できませんが、
応援いただけると次回はきっともう少し早まります。
   ↓
英語学習 ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

.28 2011 アウトプット3 話せるようになるまで編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索