英語独学虎の穴  英語学習を「続ける」仕組み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英語学習を「続ける」仕組み

ー前回からの続きです。

英語が使える人を増やすために、「本気で一歩踏み出すための後押しをすること」、そして「どう進めるかについてのヒントを伝えること」をここまで時間をかけてやってきたつもりです。

ただ、そうして言葉で伝えるだけでなく、「継続を助ける仕組み」を作ることは目標の達成のためにどうしても必要で、それについて何かできることはないかとずっと考えていました(本当はこれに加えて「英語を使う場の提供」も必要だと思っていて、そちらも今色々と考えています)。

そこでその「継続を助ける仕組み」の実践として、以前からお話していたコミュニティーを実際に立ち上げることにしました。すでに英語学習のコミュニティーなら世の中に沢山あるのに、わざわざ作ろうと思ったのは「本気で勉強する」輪を作りたかったためです。

英語を身につけたいと考える方が、集中して英語に取り組む経験をみんなで共有できるような場を。一人ならくじけるところでも、本気の輪の中に入って、他のメンバーの熱にあおられて頑張れるような、そういう場にしたいと思っています。


でもそういう場だけを作って、「さぁどうぞ」だけでは、皆さんを後押しする推進力としてはまだ弱いように思いました。そこで、僕もそこに加わって一緒に勉強を進めたいと思います。もちろんやるからには本気でです。

本気で取り組む姿を見せることで、参加している方々に刺激を与えることもできるんじゃないか。これまでに「3ヶ月」程度集中して取り組む時期を何度か作ってきましたしね。そういう意味では経験者ですから、その経験を元に励ましたり、勉強の進め方についてアドバイスしたりもできると思います。また、実際に参加することによって学習者の視点からの、本当に役立つコミュニティーが作れるんじゃないかとも。

もちろん僕は言い出しっぺに過ぎず、コミュニティーは皆さんで作り上げていくものです。参加者の意見を聞きながらどんどん改善していくことで、できれば将来もずっと続くものにしていきたいと思っています。英語を本気で身につけたいという方が、集中学習をするために一度は通る場に。短い間に大きな効果をもたらしてくれる、ドラゴンボールで言うところの「精神と時の部屋」のような。

参加費はかかりません。興味があるという方はぜひお問い合わせください。


これが「英語を使える人を増やす」ために、今自分にできる精一杯のことです。ただ、そうなるとブログの更新は難しくなります。ここ何回かのまとめの記事一本書くのに6時間ぐらいかかっているんですね。我ながら何をやっているんだろうかと思いますが、才能がない分、一つのことを伝えるには時間をかけるしかない。もう400本以上書いてきてこれなのだからずっと変わらないと思います。

そしてその時間のほとんどは、これから英語の勉強に充てることになります。だからどうしたって更新の頻度は下がります。これまでのように何日も連続でとか一日置きというのはとても無理。

だからよかったらtwitterで僕をフォローしてください。ブログの更新のときは必ずお伝えしますから。

masanakajiをフォローしましょう


正直登録してはみたものの、これまで何をつぶやけばいいのかよくわからなかったのですが、これからはブログの記事を書くほどの時間は取れない時でも、日々の勉強で気づいたことなどをそこでシェアでしていきたいと思っています。「書く」ことや「話す」ことの勉強の仕方についてもつぶやきます。

アカウントがないという人はここで作ることをお勧めします。今回の震災の一件だけをとってみても、twitterは情報収集の手段としてとても役に立ちます(デマが流れることもありますが、きちんとした情報を流している方もたくさんいらっしゃいます)。少なくとも計画停電で自分がどのグループに属すかわからないと抗議の電話をする必要はなくなるでしょう。

さらに携帯が通じなくなるような緊急時の連絡手段としてもとても有効です(ちなみに、インターネットのことがよくわかっていないご家族の方とtwitterで連絡を取る方法が、こちらで詳しく説明されています)。


また、こちらでメールアドレスを入力していただければ、ブログの更新情報をメールで自動的にお知らせすることも可能です。

メールアドレスを入力してください:

配信: FeedBurner




RSSリーダーをご利用の方は以下からお願いします。

英語独学虎の穴 



ー続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

.23 2011 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)

comment

さかぐち(twitterアカウント:@hrn0412)
>英語を身につけたいと考える方が、集中して英語に取り組む経験をみんなで共有できるような場
>参加費はかかりません。興味があるという方はぜひお問い合わせください。

自分はすでにそのような場(「2人」という小さな場ではありますが)におりますが、興味はあります。
始動する際は是非お知らせいただきたいのですが、メールを送ったほうが良いですか?

ちなみに

>ここ何回かのまとめの記事一本書くのに6時間ぐらいかかっているんですね。我ながら何をやっているんだろうかと思いますが、才能がない分、一つのことを伝えるには時間をかけるしかない。

と仰っていますが、
私は中島さんは論理的かつ分かりやすく・説得力のある文章を書く才能を持った、数少ない人のひとりだと本気で思っています。

初めて著書を拝読したとき、内容だけでなく文章の隅々にまで感動したのをよく覚えています。

時間がかかっているにしろ、そのような文章を書けるなんて凄いと思います。読者としても、非常に助かりますし、そんな本に出会えたことを嬉しく思います。
2011.03.23 12:56
英語の虎 中島正博
坂口さん

いつもコメントをありがとうございます。

> 私は中島さんは論理的かつ分かりやすく・説得力のある文章を書く才能を持った、数少ない人のひとりだと本気で思っています。

自分の限界は痛いほどよくわかっていますが、でもそう言って下さる
方がいるというのは本当にありがたいですし、励みにもなります。

> 時間がかかっているにしろ、そのような文章を書けるなんて凄いと思います。読者としても、非常に助かりますし、そんな本に出会えたことを嬉しく思います。

本に関しては、今から考えるとああすればよかった、こうすればよかった
と思う部分が沢山あります。でもこうしてブログを書いているだけでは
言葉を届けられなかった方々に、出版したことで出会えたということは
自分にとって大きな財産だと思っています。


2011.03.23 22:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索