英語独学虎の穴  課題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

課題

-前回からの続きです。

このときの経験が

「英語が使える人を増やす」ために
自分ができることをやろう

というところに
つながっています。

きれいごとばかり言いやがって
と思われるかも知れませんが

これも「人生が終わっていたかも」
と考えることで

自己中心的な自分が
奇跡的にたどりつけたこと


ただ、もちろん事故の直後の
純粋な気持ちがずっと続けば

それは今頃聖人になれて
いるんでしょうが
そんなはずもなく、

時の流れとは残酷なもので
ついついあのときに学んだ
大切なことを忘れがちで

最初の決意はどこへやら
くじけそうになることも
しばしばで

皆さんからのメールや
応援のクリックで支えられて
どうにかここまで続けてくる
ことができました。


ただ、実はここに来て
大きな課題を感じています。

声を発するにあたって
心がけてきたのは
「一つのことを言い続ける」
ということ

英語は楽にはいかない
でもそれを覚悟して
真剣に取り組む気があるのなら
使えるようになる道はある

そしてその手段としての
音読トレーニングについて

手を替え品を替え
もうこれでもかというほど
繰り返してきましたよね。

これは
「声に出して読みたい日本語」
の著者の齋藤孝さんが

「私塾のすすめ」という本の中で

ある方法を本当に
定着させるためには

「あの人まだやっている」
「馬鹿じゃないの」

と言われるまで
言い続けなくてはならない

ということをおっしゃっていて
その言葉に強く
感銘を受けてのことです。

声を発し始めてから
もう四年になろうとしています。

ところが最近ショックな
できごとがありました。

それは...

-続きます。

お前の課題なんて知らんわなどと冷たいこと
言わずにお付き合いください。
ブログのこれからにも大きく関わることです。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.02 2010 今度こそ英語をものにするために comment2 trackback(-)

comment

-
素晴らしいblogだと思いますよ
応援してます(゜∀゜*)
2010.10.02 19:28
中島正博
ありがとうございます。

これからも応援よろしくお願いいたします。
2010.10.04 09:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索