英語独学虎の穴  より英語らしく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

より英語らしく

あしたのためにその43 「強弱

正しく強弱をつけるためにはどこを強く、そしてどこを弱く読むのかを知らなくてはなりません。文の中で最も伝えたいこと、新しい情報がある場合などはそれを強調するために強く発音すればいいのですが、そのように特別強調したい単語がない場合、強く読むべき単語かそうでないかをどう見分けるのでしょうか。
それは基本的には単語の種類によって決まります。

英語の単語は大きく、それだけで意味を持つく内容語と、文法的関係を示すだけでそれだけではほとんど意味を持たない機能語とに分けられます。内容語は基本的に強くはっきり、機能語は弱くさらっと発音されるのです。内容語と機能語の分類は以下の通りです。

内容語: 名詞・ 動詞・ 形容詞・ 副詞・ 疑問詞

機能語: 冠詞・ 代名詞・ 前置詞・ 助動詞・ 接続詞・ be動詞・ 関係代名詞

ですから例えば井川選手が会見で言った

I will do my best to win the championship for this great city, New York. Thank you.  なら

I will do my best to win the championship for this great city,  New York .  Thank you.

という風に大きく太字で書かれた単語を強く、そうでない単語を弱く発音することで、英語の強弱の繰り返しのリズムに近づけることができるのです。

この文の場合ですと、for this のように機能語が連続する部分は、 for ・ this とはっきり区別されず、まるで一つの単語であるかのように弱く素早く不明瞭(ふめいりょう)に発音されます。大げさだと思うぐらいに内容語と機能語の間に強弱をつけて練習することが大切です。

次回に続きます。

下のランキングに参加しています。応援してくださるとうれしいです。
     ↓        ↓         ↓
にほんブログ村 英語ブログへ みんなの英会話奮闘記d_04.gif







.15 2007 より速く、より英語らしく comment2 trackback0

comment

かいちゃん
なるほど(最近はこの出だしばかりですみません)。

強弱の法則をよく理解できました。音読の際にこの法則に注意してやってみます。

ところで、今度は3位以内に定着しましたね。おめでとうございます!さらなるご活躍を期待しています。
2007.01.16 07:39
英語の虎
かいちゃんさま

コメントいただきましてありがとうございます。

音読の際は、息の強弱に注意してください。特に連続する機能語を弱く一息で発音することが難しいと思われます。

字だけでリズムを伝えることの難しさを痛感しておりますが、これからもなるべくわかり易く伝えていくつもりですのでお付き合いください。

また四位に落ちてしまいました。道は険しいですが、くじけずに頑張って参りますのでこれからもよろしくお願いいたします。
2007.01.16 20:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/43-ea5505d0

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索