英語独学虎の穴  人生の第二幕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

人生の第二幕

-前回からの続きです。

目のことぐらいで
落ち込んでいる場合じゃない

あそこで人生が終わっていたかも
知れなかったことを考えたら

命があるだけ大ラッキーじゃないか

もっと大きな怪我を負って
その後遺症を抱えながら
前向きに生きている方だって
いくらでもいますしね。


その後退院し、仕事にも復帰し
不便はありながらも
以前の生活を取り戻すことができた

そしてその後も半年以上にも渡って
コツコツ続けたリハビリ

と言っても、毎日何度もただ大きく
目を上下左右に動かし続ける
という恐ろしく地味なものでしたが

の末、もうしょうがないと
半分以上諦めていた目は
幸運にも回復したのです。


そうなったときに思ったのは

あの事故で人生の一幕目は終わり

これからの人生はいわば
もらったようなものなのだから

後悔のないように
やりたいと思ったことは
全部やってやろう

そして何か挑戦したいことが
見つかったら、

今度こそ全力でぶつかってやろう
ということでした。

せっかくこの世に生を受けて
自分がどこまで
できるのかさえ知らずに

終わってしまうなんて
ごめんですからね。


そしてどうせやるなら

自分のためだけじゃなく

それまでの人生で
一切してこなかった

「人のため」になるようなことが
したいと思いました。

人に「ありがとう」と
感謝してもらえるようなことの
ために時間を使いたいと。

ずっと「いつか」と先延ばしに
していたことを
今こそやってやろうと。

もし事故に遭わなかったら、
そんな思いは、一生
浮かばなかったかも知れません。

-続きます。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.26 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索