英語独学虎の穴  溢れないコップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

溢れないコップ

---------------------------------------------------------------------------------
現在「英語を話せるようになるまでの道筋」の第二部「コップに水を入れる
作業編」を連載しています。4月4日の記事がその第一回です。
第一部「オーストラリア滞在編」は右上のカテゴリー内「全ての記事」を
クリックして、2009年11月30日の記事からお読みください。
---------------------------------------------------------------------------------

いろいろ試行錯誤したことを
ここまで詳しく書いてきましたけど
物凄く地道ですよね

ただ一つ言えるのは、
少なくとも「~だけ」系のものには
ひっかからなかった

(後に教材の研究の一環として
 試しに買ったことはあります)

これこそが成功の最大の要因だと。

だってそんなうまい話あるわけないですからね。

ネット上に溢れる情報の中から
こういうブログを探し出して
わざわざ読むような人は
ひっかからないでしょうが

そういうものは
本当にいつの時代にも存在しますが

そういう教材で実際に英語が使える
ようになったという人に、
これまで出会ったことがありません。

そんな簡単なやり方でうまくいくなら
もうとっくにみんな英語が使える
ようになっているはずで

今だにこれだけ多くの人が
英語で困っているはずがない

そういう意味では英語をなめなかった

持てる資源の全てを

と言っても自分が持っているものは
時間とエネルギーだけでしたが

その持てる全てをもって真剣に英語にぶつかった

楽じゃないことを覚悟して
地味な「素振り」をちゃんとやった

全てが思ったようにいったわけでは
ありませんでしたが

面倒くさそうな(そして実際に面倒くさい)
道のほうが

「英語を使える」ところにつながっていた

英語をなめて楽な道を選ばなくてよかった

今から振り返ってみて、心からそう思います。


ともあれ、英語の勉強を開始してから
2年半近い月日が流れ、
すでに35歳になっていました。

この時点では「話す」ことに関しては
相変わらずほぼゼロに近い状態

ここから何をして話せるようになったのか

そこ至るまでにはまた、

泣いたり、笑ったり、色々あったんですが

それはまた別のお話


35歳・春

いまだ英語話せず


第二部「コップに水を入れる作業編」完


ここまで読んでいただきましてありがとうございます。

実はこれからのブログのあり方を少し考えています。
第三部も読みたいという方はクリックで教えてください。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.04 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment8 trackback(-)

comment

馬鹿猫
寅さんこんばんは。
第三部早く読みたいです!楽しみにしています。

要するに何をするかよりも覚悟を決めてどれだけ真剣にやるかということですね。
最短距離の学習法はあるのかもしれないけど、たとえ遠回りでもきっとそこから得る物は大きいんだろうと思います。

私は今文法のおさらいをしてますが、友達からは日本語だって正しい文法で話している人は少なくてそれでも通じるんだから文法なんかにこだわらなくてもいいんじゃないかといわれました。

でも、単語学習で例文と一緒に覚えようとしても、文法がある程度分かっていないと、全くの丸暗記で、闇雲過ぎて35歳の頭にはなかなか入ってきません。何をするにしても文法は付きまとう気がして。まあ、遠回りになるのかもしれないけど、私の中では文法は『素振り』の型を勉強しているようなもの。その型が分かったらそれに会わせて『素振り』ですね。
ああ、まだスタートラインにも立っていないことに気がつきました。。。

こちらで毎日モチベーションを高めさせていただきます。
2010.09.05 02:55
中島正博
馬鹿猫さん、こんにちは。

>何をするかよりも覚悟を決めてどれだけ真剣にやるかということですね。

そうですね。僕自身も学習者として色々試してきましたけど、
真剣にやりさえすれば何をやってももたらされものはあります。
(ただし「~だけ」系はその限りではありませんが)

>私の中では文法は『素振り』の型を勉強しているようなもの。その型が分かったらそれに会わせて『素振り』ですね。

文法も大切だと思います。結局は何からやるかという順番の問題
であって、最終的には全部必要になりますからね。

ブログに書いてきたことがモチベーションを上げる材料の一つに
なれば、とても嬉しいです。

素振り頑張ってくださいね!
2010.09.06 09:27
CallMyName
以前オーディオブックが軽く聞き取れた事で感謝のメールをした者です。
第二部お疲れ様でした。
実は二部の途中から自分自身アウトプットのトレーニングの必要性を感じまして、少しフライング気味ですが瞬間英作文をトレーニングに加えました。
なので虎さんの行ったアウトプットトレーニングにも凄く興味があります。
是非、第三部を!
期待しています(笑)
2010.09.06 21:24
中島正博
CallMyNameさん、こんにちは。

> 実は二部の途中から自分自身アウトプットのトレーニングの必要性を感じまして、少しフライング気味ですが瞬間英作文をトレーニングに加えました。

いいですねぇ。以前のタイプの話もそうですが、そうしてどんどん
試行錯誤される姿勢に刺激をいただいています。

> なので虎さんの行ったアウトプットトレーニングにも凄く興味があります。
> 是非、第三部を!
> 期待しています(笑)

第三部ではどうやって話せるようになったのかを詳しく
お伝えするつもりです。ただ、どういう形でお届けするのが
いいのか、このままブログで行こうかどうか現在考えています。

また決まりましたらご報告します。

コメントをありがとうございます。
2010.09.07 09:24
ぱん
はじめまして。
こちらのサイトを見てシンクロ読みをはじめました。
英語初心者で、受験のために勉強もしなかった私には
文法からはじめるべきか、単語だって覚えなきゃ、発音も大事だし・・・
と思うと、結局どこから手を付けていいのか解らなくなることが良くあります。
正直、新しい学習法が目に留まると、どんな方法だろう?とフラフラすることもあります。
そのたびにこのサイトに来て、がんばってやるしかないんだ!と思い直しています。
私の目標はしゃべれるようになることです。英語で会話をすることです。
ぜひ、三部もお願いします!
楽しみにしています。
2010.09.07 20:59
中島正博
ぱんさん、はじめまして。

> 英語初心者で、受験のために勉強もしなかった私には
> 文法からはじめるべきか、単語だって覚えなきゃ、発音も大事だし・・・
> と思うと、結局どこから手を付けていいのか解らなくなることが良くあります。

どういう順番で手を付けるかという問題であって結局全部
必要になります。ただ、上達の実感が得られやすいという
理由から僕は音読をおすすめしています。

> 正直、新しい学習法が目に留まると、どんな方法だろう?とフラフラすることもあります。
> そのたびにこのサイトに来て、がんばってやるしかないんだ!と思い直しています。

フラフラしないでくださいね(笑)。どういう勉強法を
選ぼうと、上達するためにはある程度の時間とエネルギーを
捧げることが必要となります。

> ぜひ、三部もお願いします!
> 楽しみにしています。

ありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いいたします。
2010.09.09 11:17
ふるす
はじめまして
最近になって英語を始めた者です。僕もかなり飽きっぽいほうで、色々な方々の勉強法とか体験談など調べているうちにこのブログを見つけました。
ちなみに33歳です。自分も英語は高校以来しておらず、会社でも技術者のくせに読み書きや会話はほぼダメ、TOEICは300点そこそこ。
これを打開したくて再学習を始めたのですが、今までのところ一番モチベーションが維持できているのがシンクロリーディングです。
僕の場合、シャドーイングの教材のうち目をつけた面白そうなページについて音声CDを聞きながら英文にカタカナをふって、丸ごと発音を覚えるという方法を取っています。カタカナに無い読み方もあるので、それは自作のカナをあてがっています。
その一連のプロセスが面白くて、うまくなったようにも錯覚するのでモチベーションが維持できています。こうなって初めて、わからない文法とか単語を調べてみようという気になりました。
最近、英語の発音を練習している夢をよく見ます。以前は考えられないことですが、それだけ語学は脳ミソが激しく刺激される体験なんだと驚きました。
ただ、それでもまだ街中での外人の会話はよくわかりません。(自分でも信じられないことですが、電車のなかで外人の近くに進んで寄るようになりました。以前は避けてたのに…)
やはり音読だけのトレーニングには限界があるのか、それとも音読で習得したパターンがまだあまりにも少なくて、街中の外人の会話のパターンと一致してないだけなのか分からないでいます。

まだブログの中身も全部見れていないので、これからも時々訪問します。また今後とも参考にさせて頂きますので宜しくお願いしますm(_ _)m
2010.09.14 16:40
中島正博
ふるすさん、はじめまして。

> 僕の場合、シャドーイングの教材のうち目をつけた面白そうなページについて音声CDを聞きながら英文にカタカナをふって、丸ごと発音を覚えるという方法を取っています。カタカナに無い読み方もあるので、それは自作のカナをあてがっています。

つづりと音との違いをはっきりさせるのにいい方法だと思います。

> その一連のプロセスが面白くて、うまくなったようにも錯覚するのでモチベーションが維持できています。

工夫するとトレーニングって楽しいものですよね。

> 最近、英語の発音を練習している夢をよく見ます。以前は考えられないことですが、それだけ語学は脳ミソが激しく刺激される体験なんだと驚きました。

夢の中でまで!いい傾向ですねぇ。

> ただ、それでもまだ街中での外人の会話はよくわかりません。

「聞き取れる」という実感を得るためには、「意味をとる」
プロセスも鍛える必要があります。それには速読のトレーニング
がおすすめです。詳しくはホームページをご覧ください。

頑張ってくださいね。
2010.09.15 09:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索