英語独学虎の穴  試行錯誤の輪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

試行錯誤の輪


たとえ誰かが言う通りに
それに沿ってきちんと進めていても、
いつか行き詰まる時が来る

もうガイドもありませんから
そこからは自分で手探りで進むしかありません。

つまり「自分なりの課題」が
見つかったあとに待っているのは
「試行錯誤」だということです。

無駄なことはしたくないと思っていても
結局自分自身の手で道を切り開くという
プロセスからは逃れることはできないのです。

でもそうして試行錯誤することは

人に教えられた道を進むよりも
確かに大変ではありますが

実は楽しいプロセスでもあります。

自分が求めるものを得るために
何が必要なのかを考えて、
これと決めたら本気で行動してみる

そうしたら行動したことに対して
何かしらかの「結果」が出ます。

それは自分が思い描いていた通りの場合もあれば
そうではないことだってある

でも後者の場合も「失敗」じゃありません。

失敗というのは挑戦そのものを諦めたときに
訪れるものであって、

諦めない限り、それは前進するための
ヒントでしかないのです。

またその過程で得られるものも大きい

自分の場合も手探りで進んだ道が
「話せるように」というところには
直結していませんでしたが、

負け惜しみでもなんでもなく
その道のりで得たことは
本当に大きな財産になりました。

さらに自ら道を切り開いて進むことで、

舗装された道を行くときよりも
着実に体力もつきますから

これによって困難があっても
簡単には倒れなくなります。

悪くない話でしょ。

ですらこれをお読みの皆さんにも
一日も早くこの「試行錯誤の輪」に
入っていただきたいんです。

そうなった暁には
情報を発信する、受け取る
という関係を超えて

もう同志です。

ご参加お待ちしております。



応援のクリックを更新の励みにさせていただいています。
   ↓      ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ



.08 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索