英語独学虎の穴  執着の果て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

執着の果て



-前回からの続きです。

もちろん一つのことに絞る
というのは、それ自体は
決して悪いことではない

それどころかむしろ
そうすべきだと思いますが

でもこれぐらい長く続けるなら
自分が進んでいる方向が正しいのか

チェックの機会を
もっと頻繁に設けるべきでした。

ただこの仮説の場合、
検証が難しいというのはあります。

何しろ

「十分にインプットを重ねたら」
「英語が口から溢れてくる」

ですから、

溢れてこない以上、
まだインプットの量が足りないのだろう
と結論出さざるを得ません。

さらに、すでに長い年月を捧げていたので

「途中でやめてしまっては
 今までの努力を否定することになる」

という思いが、

自分をこの「インプットオンリー」
のスタイルに執着させていました。

いや、溢れてこなかったのは
まだインプットの量が
足りなかったんだと言うなら

その方法で話せるようになるのは
恐らく普通の人には無理でしょう。

だって約二年半にわたって我ながら
尋常じゃない量に触れてきましたから

しかも単に聞き流すのではなく
いろいろ手を変え品を変え工夫して
積極的に意味をとろうとする努力も

いやいや、その意味をとろう
としたのがそもそも間違いで

意味がわからなくとも
ただただ聞き流さなくてはならなかったのだ

と言われるなら

「はぁ、そうですか」と言うしかありませんが。

だって今さらもう確かめようないですしね。

…続きます。

350回まであと1回となりました。
本当はそこでひと段落させるつもりでしたが
それでは中途半端になってしまうので、
第二部終了までもう少しだけ続きます。

お付き合いくださるという方はクリックで教えてください。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ



.26 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment2 trackback(-)

comment

K.S.
そういわず
第10部、20部までどんどん続けてください!!
ここが一番、一般的日本人にとってためになるサイトです。
2010.07.26 20:29
英語の虎 中島正博
K.S.さん

ありがとうございます。

アウトプット編は第三部で完結するつもりですが、
これから先どうしていこうかなどについて
少し休んで考えようと思っています。
2010.07.27 13:32

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索