英語独学虎の穴  自己啓発本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

自己啓発本

インプットの量を増やして
一日も早く英語を口から溢れさせるべく

毎日の映画と並行して
リーディングももちろん続けていました。

本選びの基準はとにかく
「わかりやすくて肩肘張らずに楽しめるもの」
というもの

すでにご紹介したように

My Humorous Japan から始まって

シドニィ・シェルダンを経て

ずっと小説ばかり読んできましたが

この頃に古本屋で、Dale Carnegieの
『How to Win Friends and Influence People』

How to Win Friends and Influence PeopleHow to Win Friends and Influence People
(2010/05)
Dale Carnegie

商品詳細を見る


を見つけました。

あのカーネギーのベストセラー
「人を動かす」の原著です。

これを読んでみたところ

最初に結論を述べてしまって、
後からそれを裏付ける具体例を
これでもかというほど並べていく
というスタイルなので内容がつかみやすく

結構な分量の本ですが、
小説よりも遥かに読みやすい
ことに気付きました。

ためにもなりますしね。

必殺の「同じ著者の本をつぶす作戦」で
カーネギーの本を続けて二冊ほど読みましたが

確かに読みやすいものの、
さすがにこの「具体例これでもかパターン」
がきつくなってきて(とにかく長いんです)

こういう、いわゆる「自己啓発」的な本であれば
他の人のでも同様にわかりやすいのではないかと

Brian Tracyの「Goals!」

Goals!: How to Get Everything You Want-Faster Than You Ever Thought PossibleGoals!: How to Get Everything You Want-Faster Than You Ever Thought Possible
(2004/01)
Brian Tracy

商品詳細を見る


「Focal Point」

Focal Point: A Proven System To Simplify Your Life, Double Your Productivity, And Achieve All Your GoalsFocal Point: A Proven System To Simplify Your Life, Double Your Productivity, And Achieve All Your Goals
(2004/10)
Brian Tracy

商品詳細を見る


などを。

ここらへんはとても読みやすいです。

ちなみにこういう本の多くは
CD版も出ていますので、リスニングの教材
として使うのもいいと思います。

Amazonで、「著者名 CD」というキーワードで
探してみてください。

以前なら、読みたい本がたとえあったとしても、
それが英語の本であれば、

日本語に翻訳されるまで
待たなくてはならなかったわけですが

英語さえ使えれば
これまでのように待つ必要がないんだ 

そう考えると一気に世界が開けた気がして
めちゃめちゃ興奮しました。

-続きます。

更新のない日までクリックしてくださった方、
ありがとうございます。励みになります。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.12 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment2 trackback(-)

comment

moro
初めまして、以前中島先生の著書を買わせていただいたmoroと申します。


カーネギーの和訳版「人を動かす」は私も読みました。
非常にためになる内容ばかりですが1つの教訓を教えるための例が多すぎる気がしますねw
最近こちらの(http://www.amazon.co.jp/Conceptual-Blockbusting-Guide-Better-Fourth/dp/0738205370)本の和訳版を読んでいます。人間の自由な発想を妨げるものと、それらの除き方が書いてあり非常に面白いです。次の読み物が無くなりましたら読んでみてはいかがでしょうか。

やはり洋書には面白い本がたくさんありますが、和訳本が出てるのはそう無いと思います。
洋書が読めるということをモチベーションの1つにして、英語勉強をしていきたいと思います。
お目汚し失礼しました。
2010.07.15 03:07
英語の虎 中島正博
moroさん、はじめまして。

本もお読みいただいたそうで、ありがとうございます。

>1つの教訓を教えるための例が多すぎる気がしますね

くどいぐらい繰り返さないと伝わらないという配慮からなのでしょうが、
だんだん「どうせまたこの繰り返しでしょ」と言いたくなったりしますね。

>Conceptual-Blockbusting

日本語版は大前研一さんが監修されているのですね。
読みたい本リストがちょっとたまっているので、今すぐにとはいきませんが
読んでみたいと思います。教えていただきましてありがとうございます。

>洋書が読めるということをモチベーションの1つにして、英語勉強をしていきたいと思います。

自分自身にとっても、「いつか翻訳版ではなく直接原書で読めるようになりたい」
というのは大きなモチベーションとなりました。頑張ってくださいね。

コメントをありがとうございます。
2010.07.15 21:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索