英語独学虎の穴  砂漠の必需品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

砂漠の必需品

前回、努力しても報われなくなるときが
誰にでも必ず訪れるというお話をしました。

上達曲線が横ばいになるので
プラトー(高原)と呼ばれていますが、
むしろ砂漠と言ったほうがイメージとしては近い。

努力をすれどもすれどもまったく上達の実感がない

これは出口の見えない荒涼とした砂漠を
ひたすら歩き続けるようなものです。

ではそこで力尽きることなく
歩き続けるために必要なものとは何か。

一つは「なんのために英語を勉強するのか」
というところがはっきりしていること
つまり英語学習の目的ですね。

最初のうちはなんとなくやっていたっていいですが
伸び悩んだときにこれがないと、
続けるのは本当に苦しくなります。

逆にここがしっかりしている人は、どれほど道に迷おうと
常に頭上の北極星を見ながら、そこを目指して
歩いているようなものですから
苦しくともなんとか望みを持ち続けられるでしょう。

そういう意味じゃ試されていると言えますね。
本気で英語を身につけたいのかどうかが

本気じゃない人はここで振り分けられてしまいます。
歩みを止めてしまうのです。

そんなこと今さら言われたって
「なんとなく」ですでに始めてしまったよという方は、
「砂漠」に到達するまでにじっくり考えてください。

「なんのために英語を勉強するのか」を

ただ、ここがグラグラしていたら
そもそも上達のために必要な時間とエネルギーを
捧げることなんてできないとは思いますが。

歩き続けるために必要なもののもう一つは、
その「砂漠」に至るまでにどれだけ上達感を味わえたか

言ってみれば「満足感の貯金」がどれぐらいあるか
ということです。

僕が口すっぱく「音読トレーニングを」とお勧めしているのは
「上達の実感」が比較的得やすいためです。

つっかえつっかえだったのがスムーズになった
Rの発音がネイティブっぽくなった
ディクテーションで以前より書き取れるようになった
高速読みの記録がWPM200超えた
変化した音を聞いてその正体がわかるようになった

などなど

そうした小さな上達の実感を大切にし、
できるだけそれを積み重ねておく

それは言ってみれば
ラクダがコブに水分を溜めるようなもの
ここで十分に水分をとっておけば
出口の見えない砂漠でも歩き続けることができるでしょう。

-続きます。

応援のクリックを更新の励みにさせていただいています。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.21 2010 今度こそ英語をものにするために comment4 trackback(-)

comment

KM
ここ数回のブログは,今の自分の状態を言い当てているかのようで,そのタイムリーさには驚きです。一言一言が今の心の状態を全て言い当てています。人生をかけたつもりの北極星が頭上にあるつもりですので,そこだけは大丈夫かと思います。
2010.06.21 22:30
中島正博
KMさん、こんにちは。

>ここ数回のブログは,今の自分の状態を言い当てているかのようで,そのタイムリーさには驚きです。

こういう苦しいことが来ることを前もって知っておけば
心の準備もできるでしょうし、「自分だけが苦しいわけじゃ
ない」と知ることでそこを越えられる方もいるかも知れない
と思い、自分の苦しかった経験を詳しく書いています。

人生をかけたつもりの北極星が頭上にあるつもりですので,そこだけは大丈夫かと思います。

そこがしっかりしている人は強いと思います。
たとえ先が見えずとも毎日一歩一歩、歩みを進めるのみです。

コメントをありがとうございます。
2010.06.22 08:10
★★ようこ☆☆
最近英語が話せたらいいな。と莫然と思っていましたので、やはりなかなか難しいと再認識しました。でもチャレンジしたい気持ちが沸いてきました。
2010.06.22 17:44
中島正博
ようこさん、はじめまして。

>やはりなかなか難しいと再認識しました。

大変は大変です。

>でもチャレンジしたい気持ちが沸いてきました。

これだけ厳しいことを読んでそう思ったのであれば
凄いと思います。途中に待ち受ける障害に負けないよう
勉強を始める前に、「なんのために英語を学ぶのか」
というところをじっくり詰めて下さいね。

コメントをありがとうございます。
2010.06.23 08:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索