英語独学虎の穴  単語に関して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

単語に関して

現在「英語を話せるようになるまでの道筋」の第二部「コップに水を入れる
作業編」を連載しています。4月4日の記事がその第一回です。
第一部「オーストラリア滞在編」は右上のカテゴリー内「全ての記事」を
クリックして、2009年11月30日の記事からお読みください。
---------------------------------------------------------------

前回、ボキャブラリーが少なくとも読める
英語の本をご紹介しました。

単語については

「単語帳でしっかり暗記したほうがいい」という人と

「たくさん読む中で自然に単語の知識も増えていく
 から大丈夫」という人がいましたが

自分自身は
「受験勉強を思い出させて面倒くさい」
という軟弱な理由で
後者を信じてずっとやってきました。

大量に読む中で出合ったものを

もちろんその全てについて
いちいち調べるのは大変ですから、

本当に気になったものだけを辞書で調べて
何度か口にして覚えるというやり方

これに加えて普段の音読トレーニングで
「意味を重ねながら何度も音読」することで
自然に増えていくものもありますから

これで十分だろうと。

それ以外の単語に関しては

前後の文脈から
例えば「怒りに近い感じの言葉」
などのだいたいのイメージで済ますか

それもできない場合は
「プラス」「マイナス」という
ざっくりとした印象でくくっておしまい。

本当にずっとそのやり方で通したんです。

結果、「なんとなく意味がわかるもの」
の数は増えていきました。

ところが後に英検一級を受けようとなったとき

一級と言えば、難易度の高い単語も
知っておかなくてはならない
(なにせ最初に語彙の問題が30問もあります)

と聞いていましたので

腰を据えて単語を覚えようと
そこではじめて「PASS単熟語」という本を買って
勉強をしたのですが

英検Pass単熟語1級英検Pass単熟語1級
(2008/03)
旺文社

商品詳細を見る


一級対策とは言え、本の最初のほうには
「これは絶対知っておかないと」という
結構な頻出単語も出てくるのですが

それまで「ふわっとしたイメージ」で
やり過ごしてきたものがあまりにも多く

改めて「きちんと意味を」というと
正確に言えないものがほとんどで
(よくそれまでやってこられたものですが)

自分の単語力のなさに直面して愕然としました。

ずっと「なんとなく」でやってきたそのツケが
一気に回ってきたわけです。

結局その本に載っている単語を
ほとんど一から覚えることになってしまい
また汗と涙の日々を送りましたが

そこでじっくり腰を据えて単語に取り組んでみて
わかったことがあります。

それは

「単語の知識があることで
リーディングはこれほど楽になるのか」

ということ。

それまでは簡単な本を読むのは好きでしたが
ちょっと難解なものになると気が進まない
集中が続かないという悩みがあったのですが

そのリーディングのストレスの大部分は
単語の知識の足りなさから来ていたのだ
ということにようやく気づきました。

単語の知識が増えたことで
「いちいち推測する」必要がなくなって
読むスピードが上がりましたし

当然内容の理解もより正確になりました。

もちろん単語帳に載っている単語を
ひと通り頭に入れるだけでは不十分で

頭に入れた上でたくさんの文章にあたり、
そこで再び出合い、実際にそれらが
どう使われているかを知るというプロセスも
記憶の定着のためには欠かせませんけどね。

あの頃の自分と同様に
「読むことを楽しめない」とお悩みの方は

先に単語を一気に入れてしまうことで
道が開ける可能性があるということを
頭に置いておいてください。

-続きます。

昨日はわずか四票でした…
第二部終了まではなんとか書きたいと思っています。
   
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.19 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment2 trackback(-)

comment

バリュー曽我(英語教材ランキング)
はじめまして、バリュー曽我と申します。単語を一気に入れてしまうことで道が開ける可能性があるとのことですが、どのくらいの単語数ですか??逆に語彙はいくら覚えても十分なレベルにはいかない気がします。
2010.05.24 23:28
中島正博
はじめまして。

>単語を一気に入れてしまうことで道が開ける可能性があるとのことですが、どのくらいの単語数ですか?

これは一概には言えませんが、自分のレベルに応じた(簡単すぎない)
単語帳一冊分というぐらいの意味です。

>逆に語彙はいくら覚えても十分なレベルにはいかない気がします。

今回の記事をお読みいただければおわかりだと思いますが、自分は語彙の
理解があいまいなままずっと勉強を続け、後から語彙を入れることで
その威力の凄さに気づかされました。

自分と同じような状況に陥っている方に対して、そこから出るための
ヒントになればと思って書いています。

コメントをありがとうございます。
2010.05.25 09:42

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索