英語独学虎の穴  本選び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

本選び


-前回からの続きです。

英語学習を再開して最初に読んだのがこの本

My Humorous Japan
My Humorous JapanMy Humorous Japan
(1991/12)
ブライアン W. ポール

商品詳細を見る


内容は

「英国人、ブライアン・ポール氏が
本場の英語でつづった
ユーモアとウィット溢れる"ニッポン体験"」

と帯には書いてあります。

笑わせようとかなり誇張している部分も
多く見受けられますが

なにせ全てが日本に関するものですから
背景知識がふんだんにある分、
すんなり意味が入ってくるんですよね。

当時はまだ単語の大切さがわかっていなかったので
「広く浅く」英語の本をバリバリ読み進めるには
ボキャブラリーが足りなかったんですが

これなら例えば
「あぁ満員電車のことね」などと状況がすぐわかる
意味を取る上でこのアドバンテージは大きいです。

また、「知らない単語の意味を
前後の文脈から推測する」というのも大切な能力ですが
背景知識があることで、この推測も大いに助けられます。

とにかく「読むのを楽しむ」習慣を作りたかった。

そのためには小難しいものではなく
(そんなものはそもそも読めませんし)

単語の負担が軽くて
「先が読みたい」と思えるものを選ぶ
必要があったのです。

「じっくり丁寧に」の癖を直すために
軽いものをできるだけ速く読むと。

お勧めは、読みやすいと思えるものを見つけたら
その著者が書いたものを探して読んでいくという方法

人それぞれに書くスタイルも違いますが、
同じ著者の本を続けて読むことでそのスタイルにも慣れ、
どんどん読みやすくなっていきます。

ちなみにこの「My Humorous Japan」は3冊、さらに
世界を舞台にした「My Humorous World」も3冊出版されています。

「外国人から見た日本」というくくりでは、他にも

どーもどーもパラダイス―おもろすぎるわ日本人! (English Zone Books)どーもどーもパラダイス―おもろすぎるわ日本人! (English Zone Books)
(2003/02)
ファン ボルガ

商品詳細を見る


How to Japan―A Tokyo Correspondent’s TakeHow to Japan―A Tokyo Correspondent’s Take
(2009/08)
コリン ジョイス

商品詳細を見る


などがあります。

「How to Japan」は日本語版も出ています。

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
(2006/12)
コリン ジョイス

商品詳細を見る


全編英語だと、きちんと意味が取れているか
わからなくて不安だという方には

今ならNHKラジオ講座のテキストに連載されたエッセイが
単行本としてたくさん出版されているので選び放題です。

このNHKラジオ講座のエッセイシリーズなら
見開きで右のページに日本語の対訳がついているので
辞書さえいりません。

内容的にも面白く、どれを読んでもハズレなし

このシリーズならなんと言ってもこの人

American Pie―Slice of Life Essays on America and JapanAmerican Pie―Slice of Life Essays on America and Japan
(2002/12)
ケイ ヘザリ

商品詳細を見る


この方の本は本当にたくさん出版されているので
先ほど言った「同じ著者のものを続けて読む」には最適です。

それから

Takes and Mistakes―Twelve Short Tales of Life,Language and Culture in Japan and AmericaTakes and Mistakes―Twelve Short Tales of Life,Language and Culture in Japan and America
(2004/03)
ケイト エルウッド

商品詳細を見る


そして「NHKラジオ英会話上級」に掲載された

BACK IN THE U.S.A.―An American Rediscovers His Native LandBACK IN THE U.S.A.―An American Rediscovers His Native Land
(2006/01)
ジェフリー クラーク

商品詳細を見る


などなど。

なかなかリーディングが楽しめないという方は
ぜひ一度お試しください。

-続きます。

もう二冠だなんて贅沢なこと言いませんから、
また応援してください。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.17 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索