英語独学虎の穴  VOA Special English

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

VOA Special English

-前回からの続きです。

またこの方法なら、スピードが遅いものを使って
負荷をかけることも可能になります。

以前にもご紹介したことがありますが

VOA Special English

というサイトでは、たくさんのニュースの音声が
スクリプトとともに
英語学習用に提供されています。

単語数が約1500語以内に限定されている
という点で意味をとりやすいですし
(そのリストも公開されています)

音読用の教材に使うには
一本一本の分量が長すぎるという方も
いらっしゃるかも知れませんが、
それは何回かに分けて取り組めばいい話

ただ最大の難点は、
スピードが遅すぎるということなんですよね。
(実際のニュースの三分の二のスピード)

でもWindows Media Playerで再生スピードを変えれば
それも問題ではなくなります。

以下にその使い方を

サイト中の好きなニュースを選んで

Click Arrow to Hear This Program:
の下の
「download MP3」
を右クリックで保存し

Windows Media Playerで再生

最初はそのままのスピードで聞いてみて
意味がとれるか試してみる

(まったく歯が立たないという方は
 リストの単語を一通り覚えることに
 集中したほうがいいと思います。)

次にスクリプトを見つつ聞き
わからなかった部分の正体を確かめる

オリジナルのスピードで流しつつ、
ネイティブの声に合わせて音読

そこから徐々にスピードを上げていって
1.5倍まで 出来る方はもっと速く

その上で1.5倍で聞いてみて
意味がとれるか確かめる

これで聞き取れるようになれば
スピード的には普通のニュースと同じ
ということになります。

音読が面倒だという方は
純粋にリスニングの量稽古の教材として使えばいい

楽に聞き取れるようになったら
2.0倍でもわかるか挑戦してみましょう

常に「もっと負荷をかけられないか」と意識してください。

ただ、もともとの音が学習者用に
わかりやすくはっきり発音されているので

スピードを上げたところで、
音の変化などが乏しい
そういう意味では少し物足りなさはあります。

またニュースの中に
特派員や街の人の声が登場する場合、
そこだけ極端に速くなっていまいます。

しかし無料でこの量ですからね

楽勝すぎてつまらないとなったら
その時は本物のVOAに挑戦すればよし
(ただし音声が聞けるのは
 スピーカーのアイコンがあるものだけです。)

理想の教材を求めて色々手を出すのではなく
すでにあるものを「どうにか使えないだろうか」と
考えてみてください。

工夫次第でたいてい使えるようになるものです。

-続きます。

よっしゃやってみようという方はクリックで教えてください。
1位がすっかり遠くにかすんでしまいました。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ
.11 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索