英語独学虎の穴  映画三昧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

映画三昧


-前回からの続きです。

TOEICが終わって4月になり新年度のスタート

これから先どうしようとなったときに
ここまで1年と3か月の間
休まずに続けてきた音読トレーニングに
そろそろ見切りをつけ

もう少しハードルを上げようと思ったんですよ。

やっぱりネイティブ同士が話す英語を
もっとちゃんと聞き取れるようになりたい

そのためにアメリカの映画を見まくろうと。

とは言っても

TOEICのリスニングでは満点がとれたわけですから、
リスニングの基礎はできたと言っていいと思うんですが

それでも映画にはまだまだ全く歯が立ちません。
(どれだけ遠い道のりなんでしょう)

一度見るだけでは通り過ぎてしまって終わり
単なる聞き流しになってしまいます。

だから少しでも理解を深められるように
ここでも工夫しました。

借りてきた映画のDVDを

一回目は日本語字幕で見て
ストーリーとセリフ回しをつかみます。

ここでボーっとただ見て終わりにせず
「どんなシーン」で「どんなセリフ」を言っていたか、
場面とセリフの内容を結びつけて覚えようとします。

二回目は英語字幕にして、
耳と目の両方で英語をとらえます。

この段階では、耳から聞こえてくる英語の正体を
目で確認するとともに

「このセリフは日本語でこう言っていたな」
と思いだすことで、意味をとらえようとします。

なるべく全てのセリフをきちんとチェックできるよう
一時停止も使います。

知らない単語については日本語字幕にすることで
その意味も確認します。日本語に頼るのはここまで。

ここまで二回通して見ることで
ストーリー展開やセリフの言い回しを頭に入れた上で

三回目はいよいよ字幕なしでの聞き取りです。
わかりにくいセリフに関しては
一時停止をして英語字幕にして確認しながら

でもまだこれで終わりではありません。

四回目から先は、三回目の「字幕なし」
での理解度によって変えます。

理解度が低かったものはもう一度英語字幕から

結構わかったものは字幕なしで再チャレンジ
(ここでもわかりにくい部分は
 一時停止して英語字幕を出します)

このやり方ですと、わかにくいものについては
合計で5回も見ることになり
さすがに飽きちゃうんですけどね。

まぁそうは言っても別に趣味で見ているわけではなく
一応は英語のトレーニングですから。

これでも以前の「同じ文章を声に出して繰り返し読む」
労力と比べると遥かに楽ではあります。
だって黙ってていいんですもの。

-続きます。

クリックでの応援を、更新の励みにさせていただいています。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ



.04 2010 アウトプット2 コップに水を入れる編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索