英語独学虎の穴  知識と経験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

知識と経験

帰国したと言っておきながら、旅の思い出を最後にもう一つだけ

前にもちょっと書きましたけど、学校の最終日に、生徒と教師みんなで飲んだ
んですよ。

その夜はオーストラリア人・スイス人・ブラジル人・フランス人、それに日本人
の自分が、一つのテーブルを囲んで大盛り上がりで

「すげぇよなぁ、国籍も話す言葉も全て違う人間が、こうして一緒に笑いながら
しゃべっているだもんなぁ」って

こんなこと、それまでの人生では考えられませんでしたからね。あのまま英語
を諦めてしまったままでは、一生味わえなかったはずの喜びです。

皆をつないでいるのは英語でした。そこでつくづく思ったんですよね、英語って
やっぱり凄いわと

もちろん自分のスピーキング力では、ごくごく浅いことしか言えないんですが、
それでもちょっとした一言で皆を笑わせることができて
まぁそのときの嬉しさと言ったら

もっと話せれば、外国人とももっと深くコミュニケーションがとれるはず
もっと英語ができるようになりたいと強く思いました。


…と、こうやって一人で熱くなって書いていても、恐らくはそれを読んだところで、
「なるほどね」とか「ふーん」という感じなのではないでしょうか。

しょせん他人がした体験の又聞きですからね。あのときの実際の興奮・感動という
のは僕の乏しい筆力では伝えきれない、それが悔しくてしょうがないんですが。

どれほど筆を尽くそうと本物の体験にはかなわないんですよ。

だからね、これをお読みの皆さんにも、ぜひ実際にご自分でこういう体験をして
いただきたい。それは当たり前ですが、「読んで知った」こととは比べものになら
ないインパクトをもたらします。

「自分が話した英語が伝わらなくてショック」ぐらいのことでも、ただ読むのと、自分
で体験するのとでは大違い。また、同じ体験をしても響くところは人によって違い
ますしね。

インターネットのおかげで、情報を得るのは以前とは比較にならないぐらい簡単に
なりましたが、それに比例して、わかったつもりになっていることも増えたと思うん
ですよね。

でもその机上の知識は実地での体験とは別物だということ。旅に出たら、それこそ
人生を変えるようなことに遭遇するかも知れませんよ。

最後にきっとあなたを旅に駆り立てるであろう、お勧めの本を何冊かご紹介します。

一冊目はカヌーでおなじみの野田知佑さんの初期の作品「旅へ」。そのまっすぐな
生き様に胸が熱くなります。

旅へ―新・放浪記〈1〉 (文春文庫)旅へ―新・放浪記〈1〉 (文春文庫)
(1999/05)
野田 知佑

商品詳細を見る


次は沢木耕太郎さんの名作「深夜特急」。まるで自分で旅をしているような、ハラハラ
ドキドキした気持ちになってきます。まだ読んだことがない方はぜひ。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


もう一冊は登山家である植村直己さんの「青春を山に賭けて」。読み終わる頃には
きっと何か行動したくなるはず。

青春を山に賭けて (文春文庫)青春を山に賭けて (文春文庫)
(2008/07/10)
植村 直己

商品詳細を見る


最後はまったく毛色が違いますが、ハイパーメディアクリエイター高城剛さんの
「サバイバル時代の海外旅行術」。僕はそれまで行き先だけ決めてぶらっと訪れる
旅が好きだったのですが、高城さんは準備の大切さを説いていて、なるほどと思わ
されました。次はこういう旅をしてみよう。旅先でのiPhoneの活用法なんかも教えて
くれます。

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
(2009/08/18)
高城剛

商品詳細を見る



人生は一度きりですからね。
悔いのないよう、やりたいことをやるようにしたいものです。

それでは長かったオーストラリア滞在編、これで終わりにしたいと思います。
ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

アウトプット放浪記 第一部「オーストラリア滞在編」 完

英語学習 ランキング人気blogランキングへ


.23 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索