英語独学虎の穴  帰国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

帰国

実はこのオーストラリア滞在中にもう一つ大きな出来事がありました。

それはホームステイ最後の夜のこと、なんと生まれて初めて英語で夢を見
たのです。

勉強を再開したとき、せっかく英語をやるからにはいつかは映画を字幕なし
で見られるようになりたい、ネイティブとスラスラ会話できるようになりたい、
TOEIC900、英検一級も取りたい、

などの素朴な夢をたくさん持っていましたが、

この「英語で夢を見る」というのもその夢の一つでした。

でも正直なところ、30過ぎてからのスタートではそんなことは無理じゃないか、
夢のまた夢の話だろうとどこかで思っていました。

夢夢うるさくて申し訳ありません。でもそれが勉強を再開して5ヶ月目に早くも
かなったわけです。

不思議なことに、登場人物(外国人ばかり)が話す英語がみな、自分と同様
にたどたどしくて、それがまた面白かったのですが

これは嬉しい出来事でした。

3ヶ月間、日本語に囲まれた環境の中でひたすら英語に没頭し、4ヶ月目も
抜け殻状態とは言え毎日トレーニングを継続し、さらにオーストラリアに来て
からも「意地でも英語で通そう」とくらいついた

努力は常に報われるとは限りませんが、少なくともそれ相応のものを捧げる
ことなく何かがもたられることはない、ということは言えると思います。

そんな嬉しいサプライズとともに、楽しかったオーストラリアの日々は終わり
を迎えました。

ってここまで3ヶ月半に渡って長々と書いてきましたけど、これはたった10日
間の出来事ですからね。移動も含めてですから、滞在は実質8日間。

それぐらい充実していたという証拠です。

その後も色んなところに行きましたが、このオーストラリア旅行ほどはたくさん
書けません。

英語が「少し使える」ようになって初めての海外は、新鮮な驚きに満ちており、

それまでの「テレビの画面を見ているのと変わらない」何もできなかった旅行
とのあまりの違いに、「どうしてもっと早く英語の勉強を始めなかったのだろう」
と心底思いました。

英語学習を継続するにあたって、自分を英語に向かわせる「外的要因」が
必要だという話をここまでに何度かしていますよね。強力なのは「どうしても
避けたい」と思えるようなペナルティ。

もう一つはそれとは真反対のごほうび。例えば3ヶ月頑張ろうと決めて、実際
に3ヶ月達成できたら、その頑張りに対して自分にごほうびをあげるわけです。

これがあると勉強の励みになりますし、目標が達成できたときの喜びも倍増
します。

その「ごほうび」にも色々あるでしょうけど、

自分自身の経験から言っても、海外旅行ほどいいごほうびはないと思います。

その理由は次回に

-続きます。

今日は朝4時半に起きて6時半に投稿!この頑張りに一票入れてください。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ




.17 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索