英語独学虎の穴  悲しき高得点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

悲しき高得点


日本人の中にはバリバリの元ヤンキーで、学校で英語の勉強なんか
真面目にしてこなかったという子もいましたが、

それでもその二人のブラジル人より点数は上

だってすでにお話したように、そのテストはbe動詞と一般動詞の区別や 
主語に応じて動詞にSをつけさせるなど 

中一レベルのごくごく簡単なものだったんですから

その基本的なことすらあやふやだというわけです。
それでいてあんなにペラペラ

さっき会話していたときの堂々とした話しっぷりとは打って変わって
返されたテストの点数を見て恥ずかしそうにしています。

かたや日本人はのきなみ高得点 

これ大げさに言っているわけじゃないですからね。
 
あれだけ流暢に英語を話せるアウグストがまったく文法ができないん
だという事実に驚くとともに

自分を含めてまったく英語を話せなかった日本人のテストの点数が
一様に高いことが、かえって恥ずかしく感じられました。

日本人は文法はできるが会話はだめ そういうことを聞いたことはあり
ましたが、まさかこれほどまでにあからさまなものとは…

30過ぎの自分と20代女の子と10代の男の子 

世代はバラバラの日本の英語教育の作品がずらっと並んでいました。

僕が学生だった大昔から、学校でやっていることはずっと変わって
いないということでしょう。

そしてその「お勉強はできるが英語が使えない日本人」の典型が、

テストで一人満点を取ってしまった自分でした。

これほど切ない満点は、人生で取ったことがありません。


そういう日本人像がいやで、「今度こそ使えるようになろう」と努力して
きたはずなのに。

あれだけ文法的な知識のないブラジル人がぺらぺらに話せるのに対し、
文法知識がありながら、それを使うことができない日本人

これはいったいどういうことなのか

-続きます。

苦境が続いています。
その指先のチョコン一つがどれほど力をくれることか…
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ



.03 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment1 trackback(-)

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.02.05 04:29

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索