英語独学虎の穴  堕ちた偶像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

堕ちた偶像


-前回からの続きです。

その相づちも uh-huh ばかりでは聞いてないのがばれそうなので、
(そういう姑息なことにだけは頭が動きます)
uh-huh を使ったら次は yeah、そしてその次は really?

uh-huh, yeah, really? この三つをただただローテーションで繰り返す
機械と化していました。


最初から完全に心が折れた状態で会話に加わったので、「なんとか
爪あとだけでも残してやろう」という気力さえなく

目の前で行われているはずの会話は、まるで遥か遠くで聞こえる
ようです。

そんな調子ですから、みんながいい感じに会話を回しているのに、
どうしても僕のところで話が止まってしまう

そのうちさっきまでは頼りにしてくれていた他の日本人たちの、僕を
見る目つきも次第に厳しくなり

「おらおら、TOEIC900だってえらそうに言ってたよな、トイキューさんよ、
その実力とやらを見せてくれよ」

と言っているかのようで

針のむしろとはこのことです。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいますが、苦しい時間はま
るで永遠に続くかのように感じられ

ははーん、こいつさてはしゃべれないんだなと気づいたのか、よう
やくその地獄から解放された時には、今にも倒れそうなほど疲れき
っていました。

あれほど高かった天狗の鼻はあっさり折られ、さっきまでの栄光は
一瞬で地に落ちました。

面接が始まるまではきらきらした目で自分を見ていたはずの他の
日本人たちも、今はなるべく僕を視界に入れないようにしています。

「もう二度とTOEICの点数は人には言うまい」

そっと胸に誓いました。 


ところがその後、前もって受けた文法のテストの結果が帰ってきて
もっと驚くことになります。

あのペラペラだったアウグストの点数は、僕を含めた3人の日本人
の誰よりも圧倒的に低かったのです。


-続きます。

しばらく安全圏にいましたので安心していたら、また降格圏内に入
ってきました。応援よろしくお願いいたします。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ





.01 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索