英語独学虎の穴  英会話学校 上

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

英会話学校 上

英会話学校には結局一週間通いました。

日々の授業は前にお話したディスカッションのほかに、映画のDVDを見たり 
学校の近辺を散歩したり、ゲームをやったり、「銀行で」など場面を想定して
シミュレーションをしたり、たまに文法の問題を解かせたりと

とにかく毎日手を変え品を変えて「英語に触れる」機会を与えるというやり方

ちなみに映画の授業は、僕が映画を使ってリスニングを鍛えたと話したら急
に導入されました。とは言っても、もちろんディクテーションや音読もなく、

2時間分の授業を使ってみんなで「ただ見る」だけ

「これじゃ無理でしょ」と思いながらもなんとか意味を取ろうとしましたが
初めて見る映画のセリフを聞き取るというのは当時の自分には不可能で

あれだけ会話には強いほかの国の生徒たちも、さすがに映画の聞き取りは
難しかったらしく、「暖かくて暗い」教室の環境も手伝って、終わる頃には
ほとんどが寝てしまっていました。

まぁそうして「英語に触れる機会を与え続ける」こと自体に意味があるので
しょうけど

生徒の英語力を高めるということよりも、彼らを飽きさせることなくできるだけ
長く学校に通ってもらうことが目的のような… 

もともとは英語の習得に関するヒントが得られればという気持ちで参加した
のですが

そこには「この順番で進めていけば英語が使えるようになる」というような
確固たるカリキュラムはないということに気づきました。

だって毎週新入生が入ってきて、クラスに合流するのですから。

「一つ学んだことを土台にして次回これを学ぶ」というように積み上げていく
スタイルを取れないわけです。

そういった予備知識のない生徒がいきなり入っても、ある程度"楽しめる"
ような受け入れ態勢をとっておかないと、「お客さんを逃がしてしまう」こと
になってしまいますからね。

だから手を変え品を変え英語に触れる機会を与えるという、あのスタイルを
とらざるを得ない。

教師も「プロフェッショナル」と呼べるような人は少なく、

まぁ実際やることも「授業」というよりも、外国人相手のゲームの仕切り役
という感じですから

ネイティブは現在完了と現在完了進行形をどう使い分けているのかを純粋
に知りたくてその違いを質問したところ、

しばらく待たされた挙げ句、参考書(English Grammar in Use)のコピーを
渡されて、「あなたなら理解できるはず」と言われただけということもありました。

日本人の教師ならあり得ないでしょ。

-続きます。

昨日の応援の少なさには久々にめげそうになりました。更新のためのエネルギー
をわけてください。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ
.11 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索