英語独学虎の穴  アンジェラ・アキを目指して(前編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アンジェラ・アキを目指して(前編)

あしたのためにその27 「音節と向き合う

日本語アクセントを排除するのに音節の意識が大切になるというお話を昨日しました。難しい音韻議論は避けてきわめてシンプルにいきます。

例えば「きらきら星」という歌は日本語では「き・ら・き・ら・ひ・か・る」ですが、英語では「Twin-cle ・ twin-cle ・ lit-tle ・ star」と歌いますよね。日本語では一つの音に一文字ですが、英語では一つの音にいくつもの文字が入っています。

ここでは音節とはこのように一つの音符で、一息で発する音のまとまりだと考えてください。

音節の数母音の数で決まります。日本語ではほぼ全ての音に母音がつくため、文字数がそのまま音節数となります。

外来語と英語の音節数を比べますと、「グレイト」は4音節ですが「great」は 1音節です。以下同じように「ストライク」は5音節なのに対し「strike」は1音節、「クリスマス」は5音節ですが「Christ・mas」は2音節となります。
 
上の例のように英語の場合、どんなに文字数が多くて一見すると長い単語でも、それに含まれる母音が少なければ音節の数は少なくなりますよね。文字数と音節数が一致する日本語との大きな違いです。

1音節は1拍なので、日本語と英語それぞれの単語を拍ごとにテーブルを叩きながら発音してみてください。特に英語の場合、1拍に含まれるものは一気に読んでください。リズムが全く違うことに気がつくはずです。

ランキングサイトに参加しています。応援していただけると励みになります。
     ↓           ↓            ↓
みんなの英会話奮闘記d_04.gif
にほんブログ村 英語ブログへ

.22 2006 発音修行編 comment3 trackback2

comment

Juliet
ご訪問、コメントをありがとうございました。早速伺いました。

音節についてですが、ちょうど最近意識するようになっていたので、とても参考になりました。「きらきら星」の例えもとても分かりやすかったです。音節を意識して話せば、発音も格段に良くなるのでしょうね。
2006.12.23 22:20
英語の虎
Julietさま

ご訪問ありがとうございます。

日本語と英語の歌詞が両方とも浮かぶ歌って他にないですよね?「マイウェイ」とかも考えたんですけどいまいち伝わらないかと・・・

音節は発音と同じぐらい大切ですよね。少しでも参考になることがあれば幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。
2006.12.24 08:42
かいちゃん
以前、パキスタンからのお客さんを連れて富士山へドライブに行ったときのことです。AFNのラジオを聴いていたのですが、パキスタンのお客さんは、ラジオから流れてくるカントリーの歌詞が聞き取れることに驚いたことがあります。英語をしゃべるレベルは私とほぼ同じですが、私は英語の歌を聞き取ることはできません。おそらくこれは私が音節というものを理解していないからかもしれません。一度音節からやり直さなければならないのかも…。

もっとも、日本語の歌詞であっても、桑田の「勝手にシンドバット」は、いまでも良く聞き取れませんが…。これって英語の音節以上に何か根本的な原因があるのでしょうか?
2006.12.24 20:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://eigonotora.blog84.fc2.com/tb.php/27-1755f585
音節音節(おんせつ、またはシラブル:syllable)とは、1個の母音を音節主音(おんせつしゅおん:syllabic)とし、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりを言う。一般に母子母母子子母
2007.02.14 05:51 英語学習教習所
音節音節(おんせつ、またはシラブル:syllable)とは、1個の母音を音節主音(おんせつしゅおん:syllabic)とし、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりを言う。一般に母子母母子子母
2007.07.27 07:29 英語学習教習所

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索