英語独学虎の穴  たった一割

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

たった一割

-前回からの続きです。

ダイエットでも、「具体的」な到達目標を紙に「書い」て、それをできる
だけ多くの友人・知人・親戚に(遠くに住んでいる人には送るなどして)
見せる(渡す)という方法が一番成功するのだそうです

いきなりそんなもん送られてきたら驚くでしょうし、すぐに捨てられるで
しょうけどね。

でも渡したほうは「もう後戻りできない」って心から思うはずです。なにせ
自分の意志表明の証拠を人が持っていると思うわけですから、後から
簡単には取り消せません。

よくあるテレビのダイエット企画も、ほとんどのケースで成功しますよね。

あれもいい例です。テレビを通じて全国の人に宣言しているようなもの
ですから。もちろんその撮影に直接関わっているたくさんのスタッフも
また証人です。

なんたらダイエットという、ダイエットの方法よりも、「一貫した人間だと思
われたい」という気持ちのほうが遥かに効き目があるわけです。


ここまで「目標を達成可能なものにする」ための三つのポイントをご紹介
しました。

・「具体的」な目標を紙に「書く」、それを毎日見る機会を作る(今年の目標
 の話でしたからあえて言いませんでしたけど、「期限」を設定するのは
 特に大切です)

・三ヶ月程度の中期的な達成目標を設定して、「日々の行動」にまで落と
 し込む 

・人に「宣言」することで証人を作る

今年も目標をただ頭の中で立てただけという方、まだ間に合いますよ。

もちろんそのやり方で、目標をことごとく実現してきたっていう人なら
こんなことする必要はありませんが

もしこれまでにたくさんの挫折体験を持っている、でも「今回こそはどうし
ても英語をものにしたい」と本気で思っているのであれば、やってみる
価値はあるのではないでしょうか。

お正月にふと思いついた程度の新年の目標では、日々の生活の中ですぐ
に忘れてしまいますからね。一ヶ月ぐらいかけてじっくり考えたほうがいい
です。

なるほどと思った方、ぜひやってみてくださいね。

しかしこれだけ書いてきても、ほとんどの方はまた「なるほどね」という
だけで、やらずに終わると思うんですよ。

実際に行動に移す人の数は本当に少ないです。多くて一割でしょう。

読んだ人の一割ではありませんよ。読んで「いい」と思った人の一割です。
そうなると数人というレベル

だから行動に移すだけで、少なくとも「一割」のグループに入れるんです。
そして成功にたどりつけるのは実際に行動に移した人だけです。

ぜひその一割の中に、今度はあなたが入ってください

どうしても知り合いに宣言するのは抵抗あるというのであれば、僕に直接
言って下さい。その代わり、フェードアウトはなしでお願いしますね。

-続きます。

ついにベストテンから落ちてしまいました。応援のクリックをお願いいたします。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.17 2010 今度こそ英語をものにするために comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索