英語独学虎の穴  TOEICという名のリハビリ(後編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TOEICという名のリハビリ(後編)

-前回からの続きです。

自分の場合は、英語の上達の指標がほしいと考えたときに、「今の
時代はTOEICだろう」と、英検との違いもよく知らないまま軽い気持ち
でTOEICを選んだんですが、今から考えると本当にラッキーだったと
思うんですよ。

英検だったら何級を目指すかというところから決めなくちゃならない
ですよね。自分にちょうどいい級って何級なんだろうと。

確か大学入学レベルが2級って聞いたことがあるけど、15年経ってる
から3級からかなとかね。

そして英検って級によって問題のレベルが変わるじゃないですか。
それはいいところでもあるとは思うんですけど。3級ぐらいだと離乳食
のような問題になるわけですよ。

じゃあその離乳食のような問題に対応することを目指していたら、
3ヵ月で果たしてどこまで行けていたか。

経験していないのでわかりませんが、実際の3ヵ月の成長には遠く
及ばなかったことでしょう。

だからこれは単にTOEICと英検の比較っていうことじゃなく聞いて
ほしいんですけど

上達にいたる方法って大きく分けて二つあると思うんですよね。
例えば水泳を例にとると

一つは最初は足のつくプールで、基礎から少しずつ、無理のない
ペースで一歩一歩進めさせていくっていうやり方

もう一つはおぼれないための最低限のことを教えたらいきなり本物
の海(あるいはそれに近い環境)に放り込んで、実戦の中でもがく中
で、それに対応する道を見つけさせるっていうやり方

どっちが安全かっていうともちろん前者なんですけど、徐々に足場を
固めながら上っていくやり方だと、結局高みに到達できずに終わっちゃ
う可能性があると思うんですよね。

学校の英語の授業を受けて英語が使えるようになる人が少ないように。

後者のほうがきついですけれど、いきなり高みを見せて、常にその
ゴールをイメージしながらそこにいたるまでに足りないものを身に付け
ていくほうが

ゴールにいたる確率は高まるんじゃないか。

英語学習の場合はおぼれるってこともありませんしね。

TOEICの一番いいのは、どんなレベルの人にも同じ問題を受けさせる
ってところで。

おのれのレベルがどこにあろうが関係ないんじゃ、実戦で使いたいな
らこれぐらい対応できんでどうするんじゃというTOEICの突き放した
姿勢ですよね

だって実際の会話ではあれぐらいのスピードの話を聞き取りつつ、
さらに頭の中で返事を考えて英語にして口から出すという、

ただ選択肢選ぶのとは比較にならないぐらいのほどの負荷がかかる
わけですから。

本当に会話で使えるようになりたいなら、こんなとこで手加減している
場合じゃないだろうっていう親心からだと思います。

別にETSの回し者じゃないですよ。

少なくとも自分にとって、英語を会話で使えるようになるための、
その第一のヒントを教えてくれたのはTOEICだったというわけです。
まぁそのありがたみは旅に出てみて初めてわかったのですが。

学生時代からこういうことに気づいていれば、もっと早く英語を使える
ようになったんじゃないかなとも思うんですけどね。


もしTOEICを受けたことがないという方がいらっしゃったら、ぜひ一度
受けてみてください。もちろんその前にしっかり準備を積んでですよ。

あれは点取りゲームじゃない、「使える」ようになるためのリハビリ
なんだって意識で。

長年に渡る習慣からいつでも「じっくり正確に」理解しようとする脳の
処理モードを、会話用の「素早くざっくり」に変えるための。

TOEICのスピードと量に対応しようともがくプロセス自体がすでに
リハビリなんです。

そりゃ楽じゃないですけど、リハビリってだいたい苦労するものです
からね。

-続きます。

また話が大きくそれてしまいました。
次回はいよいよサーファーズパラダイスにてイギリス人と初めての会話!
応援していただけると更新の励みになります。

英語学習 ランキング




.15 2009 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索