英語独学虎の穴  衝撃のアウグスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

衝撃のアウグスト

次の日学校に行くと、その日は僕のほかに日本人が二人、ブラジル人
二人が一緒に入学するとのこと。

早速入学手続きを済ませると、簡単な身上書みたいなものを記入。
持っている英語に関する資格というところに、自信満々にでかでかと
TOEIC920と書きました。

そら書きますよ。だって事実ですし、まぁ正直一番調子に乗っている
ときでもありましたからね。

ネイティブの先生、他の新入生(日本人)が驚いた顔をするのを見て
さらに調子に。思えば他人にTOEICの点を伝えるのはこれが初めて
でした。TOEICのご威光の凄いこと。

他の人が英語がわからなくて記入できないところを助けたりしたので、
何かと頼りにされるように。 

なんたって生徒はほとんど10代や20代のワーホリの子で、30過ぎた
おっさんはそんなところにあんまり来ませんから。

いい年こいてすっかりリーダー気取りで。

次に「レベル分け」という名目の文法の筆記試験を受けることに。
点数が出るとなると燃える、「元受験戦士」の悲しい性(さが)で気合
満々で問題を見たところ、中学生レベルの問題ばかり。

主語に合わせて動詞にSをつけるとか、be動詞と一般動詞の使い分け
とか、本当にそんな程度の。

こっちはつい最近までTOEIC対策で猛勉強してましたからね。その
あまりのギャップに拍子抜けしましたけど、「なめんなよ」と思いながら
ちゃっちゃとやっつけてしまい

そしてその後、新入生全員で面接をすることとなりました。

ここでオーストラリアに来て最大の衝撃を受けることになります。

その衝撃をもたらしたのはアウグストという名のブラジル人でした。

実は彼とは面接が始まる前に挨拶は交わしていたのですが、その
ときは何か聞いてもすぐに話が止まってしまうので、やはり英語が
苦手なんだ、この子も自分が助けてあげなくてはと思っていました。

そのアウグストが、面接開始早々いきなりネイティブの先生と流暢
に会話を始めたのですよ!時々お互い爆笑したりさえしながら。

笑わすぐらいじゃなくて爆笑させてるんですよ

これには度肝を抜かれました。ブラジルで選ばれしエリートが何か
の間違って入ったのかと。

-続きは明日

応援いただけると、皆さんの思うその3倍は喜びます。
     ↓         ↓
英語学習 ランキング人気blogランキングへ

.23 2010 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索