英語独学虎の穴  それでも歩き続けるということ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

それでも歩き続けるということ

前回の話に関連して。

「旅のしおり」(レポート)にも書きましたけど、自分の場合は学生時代
にリスニングなんてやったことがなくて、本当に0の状態から始めて、

3ヶ月前はまったくわからなかった英語のニュースが、どうにかこうにか
半分ぐらいは意味がわかるようになったわけですから、今から考えると
かなり成長はしていたはずなんですよね。

しかし当時は成長しているという実感はまったくなく、むしろ
「一向に聞こえるようにならない、この3ヶ月の努力はなんだったんだ」
ぐらいに思っていました。

努力しているのに「上達した実感がない」というジレンマ、これは常に
つきまといます。

語学学習の場合、どうしても比べる対象は英語を母語とするネイティブ
だったり、あるいは自分で自由に使える日本語だったりするので、
特に上達を感じにくいのです。

上達=ベラベラとか、日本語なみになることっていう期待(幻想)を抱き
がちですよね。

大きすぎる期待に実際の成長が追いつかなくて、わずかでも成長して
いたとしてもそれに気づけない。できない部分にばかり目が行ってしま
い、物足りなさだけが増えていく。

そしてついには嫌になってしまう。

英語学習の継続を妨げる要因は多々ありますが、この「上達の実感の
乏しさ」こそが、その中でも最大のものだと僕は思います。

結局何が言いたいかというと、これをお読みの方にも、「努力してる
のに一向に上達しない」とか「こんなことやっていて意味あるのか」って
くじけそうになるときが必ずあると思うんですよ。

でもそこで諦めてほしくないんです。

もちろん時々、自分が進んでいる方向が正しいのかについて検証する
必要はあるでしょうが

そこでやめてしまったり、あるいはまだ成果が出るのに十分な努力を積
み重ねていないのに、「もっといい方法はないか」ってフラフラして、また
一からやり直し

その繰り返しでは力はつきません。

英語学習って薄紙を一枚一枚重ねていくような作業だと思うんですよ。
一枚一枚はどんなに薄くても、同じ場所に100枚、200枚と重ねたら厚み
が見えるようになるじゃないですか。

それと同じで、歩いているときにはぜんぜん進んでいないように思って
いたのに、振り返ってみると「こんなところまできたのか」って思える
日がきっと来るんですよ。歩き続けてさえいれば。

今後何度も襲ってくるであろう「上達の実感のなさ」にも諦めずに、
続けることができた人だけが、英語を使えるところまでたどりつけるのです。

それでも続けること。

-続きます。


次回からまたオーストラリア滞在編に戻ります。
応援していただけると更新の励みになります。
英語学習 ランキング


.09 2009 アウトプット1 オーストラリア滞在編 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

現在「3ヶ月でTOEIC920点までの道のり」を無料でプレゼント中です!

メールアドレス

プロフィール

中島正博

Author:中島正博
塾で中高生に国語を教えていたが、33歳の時に一念発起して英語の勉強を開始し、3ヶ月間の猛特訓でTOEIC920点を取得。

このブログでは自身の経験を元に、英語を話したくても何も口から出てこない、ネイティブの話を聞いてもちんぷんかんぷんという「ゼロ」の状態からどうやったら「1」までたどりつけるのか、その方法についてお伝えしています。

資格:英検一級 TOEIC980点 

英語独学ガイド
大人のやり直し英語部 部長

メールはこちらまで

著書「たった3ヶ月で920点を取った私のTOEIC TEST最短攻略法」(明日香出版社)

hyousi.jpg

全記事表示リンク

独学で英語を攻略するために

amazon

Google PageRank

RSSに追加

ブログ検索